無料ブログはココログ

« 総なめにする | トップページ | 年賀欠礼の挨拶 »

2015年12月11日 (金)

大川契り 善人長屋

「大川契り 善人長屋」西條奈加 新潮社
地名の千七長屋だが、誰もが善人長屋と呼ぶ。
善人長屋どころか、店子は小悪党ばっかりなのだ。人殺しなどの大悪党はいない。
差配は質屋の千鳥屋儀右衛門、裏稼業は盗品売買、大家も店子も小悪党なのだ。
ただ一人、間違えて住み着いたのが加助、根っからの善人で、人助けに精を出しているのだ。
そのおかげで善人長屋と評判を高めている。
他の店子にとっては迷惑なことで、毎度毎度、加助のおせっかいのおかげで振り回される。
店子の表の稼業、裏の稼業、すりだったり、つつもたせだったり、ねたとりだったり。
巻末に、二話連続で、父母がどうして結ばれたかが明らかになる。うん、ええ話しだ。

読書メーター

広島ブログ

« 総なめにする | トップページ | 年賀欠礼の挨拶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 総なめにする | トップページ | 年賀欠礼の挨拶 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31