無料ブログはココログ

« 吉備路自転車道 総社~吉備津神社・吉備津彦神社(自転車篇) | トップページ | 正しい断面図に書き換えました、その2 »

2016年1月13日 (水)

本のこしまき

本が本屋で売られているときは裾に腰巻を巻いています
腰巻は、いつまでもあるわけとは限りません
腰巻をはがされた状態はどこか不自然だなぁ

ひとむかし前は腰巻の下にもちゃんと絵柄が続いていました
今は、腰巻の下に印刷はなく、はがすと、その下は無地の場合もあります
ハードカバーの本ではそんなことはありません
ヤングアダルト、新書版などのソフトカバーの本に見かけるように思います

そこだけ省略したからといって、なんぼもコストダウンにならないだろうにねぇ

広島ブログ

« 吉備路自転車道 総社~吉備津神社・吉備津彦神社(自転車篇) | トップページ | 正しい断面図に書き換えました、その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉備路自転車道 総社~吉備津神社・吉備津彦神社(自転車篇) | トップページ | 正しい断面図に書き換えました、その2 »

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31