無料ブログはココログ

« ガッツリ | トップページ | 村上海賊の娘(下巻) »

2016年1月 2日 (土)

村上海賊の娘(上巻)

ヒロインは能島村上の姫、景(きょう)。
三島村上と言い、因島村上、能島村上、来島村上がある。
因島村上は毛利に従い、来島村上は河野に従っているが、河野は衰微して毛利に従っている。
能島村上は独立して、どこにも臣従していない。
景姫は、ことの成り行きで、安芸の門徒を大阪の本願寺に連れて行くことになった。
本願寺に従軍しているのは雑賀の孫市、鉄砲軍団の頭目です。
対する信長陣営の船団の長は、淡輪の泉州海賊真鍋七五三兵衛(しめのひょうえ)、景姫に立ちはだかるアンチヒーローです。
上巻は、木津川海戦が始まるその前夜まで、海戦の一部始終は下巻へと続く。

広島ブログ

« ガッツリ | トップページ | 村上海賊の娘(下巻) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガッツリ | トップページ | 村上海賊の娘(下巻) »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31