無料ブログはココログ

« 正しい断面図に書き換えました | トップページ | ひとまわり »

2016年1月 8日 (金)

藪医ふらここ堂

「藪医ふらここ堂」朝井まかて 講談社
三哲は小児科医、長屋の広場にふらここ(ぶらんこ)があるので、藪医ふらここ堂で世間には通っている。
おゆんは三哲の娘、三哲が主人公のお話しと思うでしょ。
ほんとはおゆんがお話しの芯になるのだ。
患者や親にぽんぽん叱りつけてはいるが、それは患者のためだから。
お城から御典医の話しが降りてくる。公方様の御典医だ。
さて、この御典医のお話し、どうなるんでしょうね。
おゆんの恋が生まれるお話しがじれったいの、じれったくないの。
各章それぞれ、にやりと頬が緩むくすぐりが続きます。
そのへんの味付けがええなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« 正しい断面図に書き換えました | トップページ | ひとまわり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正しい断面図に書き換えました | トップページ | ひとまわり »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31