無料ブログはココログ

« 頗る | トップページ | ネット広告 »

2016年2月15日 (月)

犬の掟

「犬の掟」佐々木譲 新潮社
波多野と松本は警視庁同期だ。
波多野が倉庫で犯人を追い詰め、逆襲されて、拳銃で狙われた。
そこへ、松本が飛び込んで、犯人を撃って波多野を救い出した。
あれから七年後、波多野は蒲田署の刑事、松本は本庁捜査一課、やくざの代貸が殺された事件を追う。
それぞれ別の捜査をするのですよ。
波多野は蒲田署での捜査をする。
松本は特命で捜査をする。
ふたつが切り替えながらお話しが進んで行きます。
読んでいて、途中に挟み込まれるこまごましたことに引き込まれる。
やくざと半グレ、へぇぇ、棲み分けと対立はこのように出来ているのか。
最後は、思いもよらない終わり方になります。
そこは明かさないけどね。

読書メーター

広島ブログ

« 頗る | トップページ | ネット広告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頗る | トップページ | ネット広告 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31