無料ブログはココログ

« 降水確率100% | トップページ | 統括委員長、統括部長 »

2016年2月22日 (月)

左團次、春団治など

○歌舞伎
市川左團次
市川右團次
市川九團次
○上方落語
桂春団治
桂米團治
桂福團治
桂花團治
桂小春団治
○東京落語
桂右團治
立川左談次
柳家小団治

歌舞伎と落語で命名の仕方に違いがあると気が付いて、リストアップしてみました。

歌舞伎は、市川○團次
落語家は、団治、團治、談次もある、屋号は桂が多い

團次にしろ、団治にしろ、たぶん、男子から由来しているのじゃないかしら。
日本男子は「にっぽんだんじ」と読むから勇ましい。そこから男子の言い換えが始まった、たぶん。

落語家に勇ましさを求めてどうする。
それもそうだけれどね。

広島ブログ

« 降水確率100% | トップページ | 統括委員長、統括部長 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 降水確率100% | トップページ | 統括委員長、統括部長 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31