無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月29日 (金)

女性外交官・ロシア特命担当SARA

「女性外交官・ロシア特命担当SARA」麻生幾 幻冬舎
ウラジオストク副領事の夫の雪村隼人が姿を消した。
妻の雪村沙羅は東京の外務省で夫の仕事をサポートしていた。
プロジェクトはロシアの原潜の廃棄で、それを資金面で促進すること。
沙羅は隼人のプロジェクトを引き継ぐため、急遽ウラジオストクに飛んだ。
本省にしろ、在外公館にしろ、外務省官僚の姑息ぶりが克明に描写されている。
お話し、飛ばします。
北朝鮮が廃棄予定の原潜を奪い、日露両海軍共同で奪還する。
奪還できなくても、撃沈させる、そういうお話しです。
読みづらいよ。なかなか咀嚼できない。
理解できない箇所があっても、まるまる理解しなくてもええ。
息も付かせぬ展開で、ページをめくるうち、なんとなく状況が飲み込めてくる。
骨太なお話しだが、国際情勢の機微を暴露することになる、これでは映画化、テレビドラマ化は出来ないでしょう。

読書メーター

広島ブログ

説明責任

説明を求める
説明責任がある
説明する責任がある

戦前から戦後、高度成長期以前には、説明責任という言葉はなかったように思います。
単に、説明すべき、ということで、責任がどうとか、そんな追及はなかったと思います。

説明する責任がある、いかにも当然のような言い方です。
当事者同士とか、捜査関係者ならともかくも、なんでお前に責任を問われなきゃならないんじゃい。

そう、そこのところです。
無関係の第三者が説明責任と騒いでいるような気がします。
新聞記者、週刊誌記者、テレビのコメンテイター
説明責任とは、便利な言葉ですよね。

いえね、犯罪とか、政治家の食言ならともかくも、不倫だの浮気だの、その程度のことで
説明責任とは大袈裟だとは思いませんか。

広島ブログ

2016年4月28日 (木)

三菱自動車の行方

三菱自動車の嘘つき偽装の問題ですが
これはもう、倒産へ向けて一直線となるようです。
日産はもとより、国内業界で救済の手が差し出されるのは見込みはないでしょうね。
となると
シャープと似たようなことで、中国から買収の申し出があるのじゃないでしょうか。
そうなると、嘘つき偽装がさらに輪を掛けて酷くなるかも、と気がかりです。
これは恐ろしい事になるかもしれません。
[中国人トップは嘘つき偽装を命令する]
[日本人現場は忠実に嘘つき偽装を推進する]
こんな構図が目に浮かびます。

広島ブログ

2016年4月27日 (水)

マウスのポインターが行方不明になったとき

マウスのポインターが行方不明になったとき
Ctrl ボタンをトントントントンと連続してクリックしてください。
どこかからふわっと波紋が浮かび上がってきます。
ただし、すぐには応答してくれません。
わずかでも時間差があることが不満です。

それよりも
常にポインターが表示されている状態をキープする方法を得ることが先決ですかね。

広島ブログ

2016年4月26日 (火)

近郷近在、三次市布野の岩倉山

ここから強引な林道の造成工事が施してある。フレコンバッグが連なっている。フレキシブルコンテナバッグ、土砂が入っているだろうと思ったら、四角なコンクリート塊が入っていた。
林道はセメントで固めてあるが、水の力は大したもので、コンクリート塊が入ったフレコンバッグを押し流している箇所もある。
林道は下りの傾斜、どこかで岩倉山の斜面に取り付きたいのだが、林道の顎が高すぎてどうにもならない、どこかで顎が下がれば取り付いて行こう。
大曲りのところで斜面に取り付ける。ここから植林を登って行こう。
一挙に登って行く傾斜なんですよ。ストックを差し込んで、一歩一歩、足を踏みしめながら体を引き上げて行く。
尾根に出て、尾根の上は巨岩がある。神の居ます岩座いわくらと讃えて、岩倉山と名付けたんだろうね。
ここが岩倉山三角点、三角点の標石にはICチップが埋め込んである。ここは作業完了、順番にチップを埋め込んで、まだまだ作業の終わっていない三角点もたくさんあるよね。
アズマヤがあるんだが、階段が朽ちてしまっている。座が高いので、登れない。麓の集落が見えているんだが、アズマヤに登れば展望は広がるのにね。残念なことだ。
アルミの梯子を持って来れば簡単なんだが、そこまでの熱意はない。昔々はアズマヤを建てるほど身近だったのだが、今は疎遠になってしまったのだろうね。
さて、下りるか。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分、前後の様子は下のリンクから追ってみてください。

http://sherpaland.net/report/iwakura_ym.html

広島ブログ

電池の呼び名は

電池の呼び名は

日本----(中国)---------------[アメリカ]
単1形--(1号电池/大号电池)--[D]
単2形--(2号电池)-----------[C]
単3形--(5号电池)-----------[AA] ダブルAと発音するそうです
単4形--(7号电池)-----------[AAA] トリプルAと発音するそうです

続いて、単5、単6とあるそうですが、そんな電池は見たことないので、以下省略

こう並べてみると、整合性が優れているのは日本でしょうね
連続番号で、欠番がない
歴史経過があって、各国の呼び名は決まって行くのですが
日本では、どこの官庁が指導したのか、どこの協会が指導したのか
大きな○を差し上げます

広島ブログ

2016年4月25日 (月)

グーグルマップの軌跡の違い

今年の自転車篇でのグーグルマップの表現ですが
「吉備路自転車道、吉備高原自転車道 最上稲荷」だけが赤い細い軌跡で描写
他の3篇は太い青の線で描写

この違いはね
拡張子が .kml で名前を付けて保存すれば、赤い細い軌跡
拡張子が .gpx で名前を付けて保存すれば、青い太い軌跡
で表現されます

なんで、どうして、とは聞かないでね
へぇぇ、このようになっているのか
経験的な結論です
この違い、どう使い分けるかは、これから考えます

広島ブログ

2016年4月24日 (日)

Google Map がまた仕様を変更

4月16日に軌跡を描写したグーグルマップは従来通りです。
http://sherpaland.net/report/takohta_ym.html
4月20日に作図したグーグルマップは変更されています。
http://sherpaland.net/bike/2016/bike-160420-sankosen/bike-160420-sankosen.html
それぞれのページ内リンクのグーグルマップのページを比較してみて下さい。

今まではモニター枠いっぱいに展開していましたが
最新では小さな四角い枠内に表示するように変わりました。

今まで通り、モニター枠いっぱいに展開するには
ログインして、アカウントを取得しなきゃなりません。
メールアドレス、パスワード、これを記入してアカウントを取得します。
再度、ログインをクリック
ログインアイコンが消えていて、見かけはほとんど変わっているように見えません。
変化があるのは、四角の上枠の上にアイコンがある、開く→Googleマイマップで開く
これをクリックすると、画面がモニターいっぱいに拡大します。
次回からは、そのフォームで展開するはずです。

Google Map はどんどん仕様を変更しています。
強者の強みです。従わなきゃどうにもなりません。
過去、どれだけ改変があっても、一生懸命キャッチアップしてきたことか。

意地悪な改変ですが、Google Map はタダ乗りを許さなくなったということです。
立ち読み読者をログインさせて囲い込む作戦を展開したようです。
ログインが嫌なら、小さな四角の画面で我慢するしかありません。

さぁ、どっち、囲い込まれる? メールアドレスの提供は嫌だ?

広島ブログ

2016年4月23日 (土)

排便の変化

ここ四五年のことですが、排便の回数が変化しました。
一日の便通が3回、4回と変わってしまいました。
朝、排便して、1時間後、2時間後には再び便意が催してきます。
その頃、登山口に取り付いていれば問題です。
止むを得ません、我慢できないのでノグソとなります。

某山岳会の会則に、自然を糞便で汚したら除名、とありました。
わたしは到底加入資格はないな。

改めて会則を読んでみましたが、その条項は削除されていました。
除名者多数で山岳会の維持が出来なくなったのかも、と想像します。
環境保護の意識が強すぎて、人間の生理に即していない条項ですものね。

広島ブログ

2016年4月22日 (金)

JR三江線沿線、石見川本から三次まで(自転車篇)

へ先月、芸備線を輪行したが、それに続いて三江線もやってみよう。
実は昨日、三次駅まで来るには来たんですよ。列車の出発時刻が迫っていて、その日は諦めた。昨日も今日も三次駅にやってくることになりました。
自転車を輪行スタイルにパックするのが結構手間がかかる。30分余裕があったはずなのに、キップを買う、跨線橋を渡って列車に乗り込む、余裕などどこへやら、息が切れるほどのギリギリだったんだよ。
乗車券が石見川本まで1490円、同じ運賃で行けるところまでの同心円を描くと
広島方面に行くと五日市駅、海田市駅、福山方面に行くと横尾駅(福山駅のふたつ手前)、芸備線を東に行くと、矢神駅(岡山県に入って二駅目)、木次線で行けば奥出雲町の亀嵩駅、結構遠くまで行けるでしょ。
列車では、たった一両では列車とも言い難いね。汽車でもない、電車でもない、ディーゼルカーなんですよ、気動車とも言うが、この言葉が判る人は少なくなっている。
その列車から三次駅のプラットホームを写真に撮る。振り返って社内風景、わたしを含めて7人が乗っていた。
途中で二人が降りて、途中から一人乗って来て3駅向こうで降りた。わたしを含めて5人、終点の石見川本駅まで乗り続けた。
駅前では、ここでのお食事どころはここですよ、とビラ配りをしている。だれも受け取って読み込んでいるから、全員がよそからの観光客なんだ。
わたしもビラの案内に従って、店を探して入って行ったよ。ふぅむ、町の様子はこんなもんか。そもそも歩いている人なんかいないじゃないか。
三次発10時、石見川本着12時、輪行袋を畳んだり、食事したりして、なんだかんだで自転車を漕ぎ始めたのは1時になってしまった。この遅れが後々響くんですよ。日が暮れてしまうんですよ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは出だしの部分、全体の姿は下のリンクからたどってみてください。

http://sherpaland.net/bike/2016/bike-160420-sankosen/bike-160420-sankosen.html

広島ブログ

タックス・ヘイブン

わたし、間違って覚え込んでいました。
タックス・ヘイブンとは、Tax haven、税金の「避難所」という意味でした。
タックス・ヘブン、Tax heaven と早合点して、税金「天国」だとばかり思い込んでいました。
モノ知らずでお恥ずかしいですが、---------
全体把握としては、おおむね間違っていませんよねぇ。

広島ブログ

2016年4月21日 (木)

日本に驚く中国語表現

[中国人女性の観点「日本に存在する様々な美」に震撼させられる]
震撼とは、日本語ではあまりにも硬すぎて、普段使いしない漢字です
驚く表現は他になんぼでもあって、日本語で震撼と表現するとウソくさくなります
ひょっとして、中国語での驚きの表現のトップに震撼があるのでしょうかね

[これが日本の恐ろしい点だ]
[野菜の無人販売が成立する日本社会は恐ろしすぎる]
中国語表現を直訳しているからでしょうね
恐ろしいとは極端な言い方だ
”恐ろしい”と恐怖を語っているわけではないはずです
日本人とのあまりの違いに驚いているのだと思います
あるいは、呆れて揶揄が入っているのかもしれません

共通して漢字を使っていても、意味するところが違う、ずれている
ストレートに受け取ると、大間違いを犯すようです

逆に言えば、日本語での表現がかの地中国では同文異義語で誤解されることも多いでしょうね
日本と中国、漢字を使っても、意味用法は違うのだ、ということを理解してくれるでしょうか
中華の国で、世界は自分を中心に回っている、と思い込んでいる国柄です
理解してもらえますかね

広島ブログ

2016年4月20日 (水)

神という姓、仏という姓

神という姓のひとはいます。
青森県に固まっているそうです。
作家、有吉佐和子の夫が神という姓でした。
そのひと、[かみ]とは読みません、[じん]と読みます。
それで神という姓の存在を知りました。

仏という姓のひとは見ませんねぇ。
中学のころ、円仏という姓の同級生がいましたが
修飾語なしで、ズバリ、仏という姓は見たことがありません。

神という姓は名乗っても許される範囲にあり
仏という姓は名乗るのを許されない社会的規範がある
ということなのでしょうね

広島ブログ

2016年4月19日 (火)

ことり屋おけい探鳥双紙

「ことり屋おけい探鳥双紙」梶よう子 朝日新聞出版
新婚ほやほやなのに、亭主が帰って来なくなった。
お得意様から珍しい鳥を探すように頼まれて、信州に探しに行って、もう三年帰ってきません。
おけいはずっとことり屋を守り続けています。
ちょくちょく顔を出す客に滝沢馬琴、八丁堀同心の永瀬八重蔵、ほとんどの章に顔を出します。
各章とも、亭主が生きているのやら、死んでいるのやら、その不安が底流にあります。
最後、バッドエンドなんです。
いいや、見方によっては解放されて、ここからがスタートだとも言えます。
各章のタイトル、かごのとり、まよいどり、魂迎えの鳥、闇夜の白烏、椋鳥の親子、五位の光、うそぶき

読書メーター

広島ブログ

2016年4月17日 (日)

近郷近在、三次市布野の多幸太山

多幸太山に登るぞ、と決心したのはええのだが、多幸太山、どう読むのだろう。”たこう”か”たこ”か、”ふとやま”か”たやま”か”だいせん”か”おおやま”か、組み合わせれば、なんぼでも読み方の候補が出て来る。
昨日、三次市役所布野支所を訪問したんですよ。お仕事中、すみません、教えて下さい。布野支所の背後に山がありますよね、多幸太山、これは何と読むのですか。
奥でひとしきり頭を突き合わせて、結論が出ました。山の名前は知りませんが、山麓に多幸太という集落があります。集落名は「たこうた」と読みます。
あっ、ありがとうございます。それなら間違いないです。「たこうたやま」と読むのだと言い切って問題ないようですね。
さて、その翌日、再び布野支所の駐車場にやってきました。便坂の峠から多幸太山に登ってもよろしいよ。ただね、それではあまりに距離が足りない。せめて、布野支所から歩いて距離を稼ごう。
今では便坂トンネルが貫通して、県道はそっちに移っているが、トンネルが出来る以前は、峠を越えるこの道が県道だったのだ。カーブミラーが頻繁にあって、広島県とラベルが貼ってあるのが県道の痕跡なんだよ。
並行して大規模林道があって、ここで交差する。この林道は作木の常清の滝の背後から滝入口まで行っているのだよ。この道は、自転車の山岳ロードとしていずれ走らせる候補に置いておこう。
ここから先はけっこう道の傾斜が大きいのですよ。その昔、県道だった当時はトラックバスが登るのに喘いだことでしょうね。
登り切って、切り通しになる。便坂の峠なんですよ。ここは”びんさか”と読んでね。”べんさか”と読まないように。
さぁて、ここから多幸太山にどう取り付いたら楽に登れるだろう。

編集が終わりました。
新しいページをアップしております。
これは出だしの部分です。これから先は、リンクをたどって読んでみてください。

http://sherpaland.net/report/takohta_ym.html

広島ブログ

ぬけぬけしゃぁしゃぁと請求書

英文で請求書が届きました。
------
sherpaland.net
サーチエンジンに登録してあげます
だから、$75/1年払いなさい
------
ざっとこういう内容です
いけしゃぁしゃぁとよく言うよ
千三つどころか、1万件メールを出して1件当たれば御の字
その程度のでたらめメールです

参ったな
というのは、わたしの姓名、住所、が正確に把握されていることです
確かにね、独自ドメインを取るには個人情報を申告しなきゃならない
機関に申告することと、それが公開されることとは別物だと思うのですがね
外国で情報データをピックアップされるとは思わなかったな
気持ちが悪いが、日本国内からの発信じゃないので、そこが救いです

アメリカか、中国か、ブルガリアか、ナイジェリアか
住所氏名が知れたところで、そんな遠くから手を伸ばせるわけがない

このメールはゴミ箱に捨てて、無視することにします

広島ブログ

2016年4月16日 (土)

ベンチマーク

測量なり、コンピューターなり、比較するのにどこか基準を作る
その基準をベンチマークと言います
あるいは、基準と比較した測定結果を言います

基準とか、比較とか、そこを語っているわけじゃありません

なんでベンチなの、そこが疑問です
某国の「ムービング・ゴールポスト」と同じで
ベンチなど、どこにでも移動できるじゃん
こんなのでええの、心もとないとは思いませんか

それとも、ベンチとは野外の椅子のことじゃないのでしょうか
別の何物かなら、何を指しているのでしょうね

広島ブログ

2016年4月15日 (金)

重版出来

テレビドラマの重版出来のことですがね
じゅうばんでき、と読むものだとばっかり思っていました
じゅうばんしゅったい、こう読むのだそうです

来をたいと読む
類例を探しましたが、見当たりません
来をたいと読むのは、重版出来、に限るのかもしれません

彼岸お盆にお坊さんのお経の読み上げがありますが
経本を見ながら聞いていると、えらくかけ離れた読み方があります
出来=しゅったい、これはお経から由来しているのかもしれません

http://togetter.com/li/520809

ここ面白いから、覗いてみてください
出版社各社が重版出来について、うちではこう、とつぶやいています

広島ブログ

2016年4月14日 (木)

チームII

「チームII」堂場瞬一 実業之日本社
「チーム」での悪役、山城が主人公です。
大学を卒業して実業団チーム、そこでのマラソンが「ヒート」なんです。
そして、その後が「チームII」山城がどこまでエゴイストを貫けるか。
美浜大の浦は母校の監督を引き受ける。
予選会で11位だったから学生連合の監督を引き受けなきゃならない。
かっての学連選抜は記録が残った。今の学生連合は参考記録、正式な記録は残らない。
そんな中で、どうモチベーションを上げていけるか。
山城が最後のマラソンを志している。五輪記念マラソンだ。
浦が音頭を取ってチーム山城を編成する。
山城の実業団チームが解散する。
全実、全日本実業団駅伝に出場するしか生きる道はなくなった。
そこで山城は走る。

読書メーター

広島ブログ

チーム

「チーム」堂場瞬一 実業之日本社
箱根駅伝のお話しです。
わたし個人としては、箱根駅伝には全然興味もないのですが、東京ではまず箱根駅伝なのでしょうね。
シード校が10校、予選会で上位10校が箱根駅伝に出場できる。
11校以下から学連選抜のチームが編成される。
11位のチームの監督が学連選抜の監督になる。
美浜大の監督が吉池、浦は美浜大の選手なのだ。
浦は選抜チームの主将に任命された。
各校選抜のバラバラなチームなのだ。
中でも、徹底的なエゴイストが山城、駅伝に価値を認めず、個人のマラソンに価値を置いている。
ほんとは読まなきゃならないのは、合宿であり、レースなのだが、そこは飛ばしましょう。
あろうことか、学連選抜が優勝しそうになる。
惜しいところで2位で終わった。
これではストーリーがあまりに単純すぎる。
ほんとは、合宿でのこと、レースでのことが手に汗握るお話しなのです。

読書メーター

広島ブログ

2016年4月13日 (水)

ルーターが壊れたらどうなるか

きっぱりさっぱり通信が出来ないと、ルーターが壊れたと判ります。
中途半端に壊れたのでは、なかなか状態が把握できません。

時と場合で、URLが見つかりません、と開かない
ページが開くのに時間がかかる
ページの上の部分は開いても、下の部分が開かない
何枚も連なっている写真が、途中から開かない
リンクしているのに、クリックしても反応しない

このような事態に陥ると、ルーターが壊れているのを疑ってください。
接点の足がありますが、どれかの足が接触不良だったり、ゴミが付着していたり
壊れているのでしょうね。

エクセルやワードは使えるのに、通信が効かない。
こんな場合にはルーターを疑ってみてください。

広島ブログ

2016年4月12日 (火)

FTP転送を取り戻しました

3月23日にFTP転送ソフトのFFFTPが動かなくなりました。
転送が効かなくなりました。
他のFTP転送ソフトで試しても、通信が開きません。
毎日毎日、ああしてもだめ、こうしてもだめ、どうやってもだめ。

これはもうプロに頼るしかない。
【みよしパソコンスクール=有限責任事業組合ぱそっぴ】
ここにPCを持ち込んで、原因を調べてもらうことにしよう。

電源と通信線を繋いでPCを起こして、FFFTP を開くと
あれぇぇぇぇ、ローカルとホストが繋がっている。

なんでじゃぁ、なんの問題もないとはどういうこっちゃぁ。
PCに問題はない、通信も問題がない。

こことお宅とは何が違うかと言いますと
ルーターじゃありませんか。
ルーターが壊れていると疑われます。

あ、なるほど。とても説得力があります。
有難うございます。コンサルタント料、いくら支払いしましょう。
1時間もかかっていませんので、1000円いただきます。
はい、それでは1000円お支払いします。

すぐにルーターを買って、入れ替えました。
難問は解決しました。

おまけ
午前中に買ったルーターは初期不良品でした。繋がりません。
午後に別のルーターを買いました。今度は繋がりました。
午前中に買った、値段が高いのにだめなルーターは返品しました。
午後に買った安いルーターの方が有効でした。

広島ブログ

2016年4月11日 (月)

通りすがり

通りすがりの者です、ネットの名乗りでよく見る言葉ですが

通りすがら[ない]
通りすがり[ます]
通りすがる
通りすがる[時]
通りすがれ[ば]
通りすがれ

現代語の五段活用に当て嵌めてみればどこか変です
現代語でも古語でも、こんな言葉は使わない
通りすがり、これだけが通用する言葉です

病み上がら[ない]
病み上がり[ます]
病み上がる
病み上がれ[ば]
病み上がれ

これもどこか変です
外国人の話す日本語のようです
病み上がり、使える言葉はこれだけです

雨上がら[ない]
雨上がり[ます]
雨上がる
雨上がる[時]
雨上がれ[ば]
雨上がれ

これには違和感がありません
どの活用の言葉でもちゃんと通用します
やっと素直な日本語に出合いました

名詞化した動詞の原形を探ると、ちゃんとした日本語の動詞と、これは日本語ではないぞ、の動詞の二種類があります
その境目はどこにあるのでしょうね

広島ブログ

2016年4月10日 (日)

金藤理絵、日本新記録V

女子200メートル平泳ぎのことなんですがね
金藤、この姓が読めなかったんですよ
目では読むけど、声に出しては読めなかった

かねとう
こんどう
かねふじ
きんふじ(さすがにこうは読まないか)

ネットニュースで、かねとう、とあるので、そう読むのかと納得しました

広島ブログ

2016年4月 9日 (土)

ベルギーのアクセント、再び

【ベルギー】のアクセントですが
頭高?尻高?と疑問を投げたことがあります
NHKでは尻高でニュースを読んでいます

NHKアクセント辞典を見てみました
【ベルギー】は収録されていません
ということは
頭高でも尻高でもどっちでもOKのようです

そこはNHK
師匠なり先輩なり、指南役がいて、ガイドラインを示しているのでしょうね

広島ブログ

2016年4月 8日 (金)

プロデュースとは、どうタイピングするか

purodexyu-su
ひらがな、ローマ字打ちで、こう打ちました

もちろんカタカナ変換

ここに至るまでに、ええと、ええと、あれぇ、どう打つんだろ
あれや、これや、だいぶ悩みました
英語のスペルなら、悩むことはないのですがね

外来カタカナ語をキーボードで打つのに虚を突かれることがあります

広島ブログ

2016年4月 7日 (木)

蛮政の秋

「蛮政の秋」堂場瞬一 集英社
○○新報の新聞記者、南浩介康佑は誤報記事を書き、甲府支局に留め置かれていた。
謹慎が融けたのか、本社社会部に転勤になった。
メールが来て、内容はガセか本物か区別がつかない。
同じ内容のメールを基に、政友党の富永は国会で質問をした。
不発だった。民自党の大臣は否定した。否定したところをさらに追及する材料を持っていない。
このあたりは、民主党・偽メール事件・永田議員の事件を彷彿とさせる。
続いてのメールが来て、新報社長と民自党重鎮との密談の録音が届く。
メディア規制法、主眼は、ネット社会での統制を図る内容だった。
新聞社内部、政友党のどたばた、ここは克明に書かれていて、民自党の工作までは書かれていない。
ハッピーエンドではありません。バッドエンドです。

2016年4月 6日 (水)

急に、W10機を買わなきゃならなくなったこと

ただいま使っているマシンはW8.1で、サポート終了直前まで使い続けるつもりでした。
ファイル転送ソフトがファイアウォールに阻止されて、機能しなくなりました。
こりゃまずい。
しかし、W10ならファイアウォールが邪魔する問題を解決してくれる、と思うじゃないですか。

急きょ、買いました。
買いましたがね、ファイアウォール問題は、W10でもW8.1でも同じこと。
最新のマシンにかえても問題は解決しませんでした。

逆に心配しております。
フリーのファイル転送ソフトを使う人は、ファイアウォールの壁に阻まれなきゃええけどね。

いやいや、心配しなくても大丈夫、そういう見方のひともいます。
今や、ホームページを作ろうという人は少数派です。
ガラパゴス的生き残りです。
ホームページでなくても、ブログなりなんなりのSNSであらかたの表現が出来てしまうのです。
それでも尚、ホームページを作ろうとするのは、ビジネス、カタログ、ショウウインドウ、そっちが目的でしょうね。
そこで、ホームページ作成代行業者の出番がある、わけです。

趣味、遊びでホームページを作ろうとする人は、それなりにがんばらなきゃならない。
障害が多ければ燃えるのです。
思いも寄らないことが起きて、心が折れそうなこともありますがね。

広島ブログ

2016年4月 5日 (火)

ここ数週間、七転八倒、四苦八苦

ファイル転送ソフトのFTTPが機能しなくなりました。
ファイル転送ソフトとは、ホームページ原稿をネットのサーバーに送るソフトのことです。

原因は、なにかの弾みでファイアウォールが閉ざされてしまった結果だとされています。
いろんなフリーのファイル転送ソフトを試しましたが、どれもファイアウォールをこじ開けられません。
ついに有料のNextFTPを使ってみました。
契約サーバーはValueDomainのxreaです。
残念ながら、ValueDomainのxreaのファイアウォールは強固です。

なんとかしなきゃ。
レンタルサーバーのさくらインターネットと契約しました。
ここならファイアウォールを貫いてファイルの交換ができることがわかりました。

で、さくらインターネットからもホームページ原稿を転送しました。
有料のNextFTPを使ってのことです。

ここからが大問題。
W10ではわたしのページのトップページが開きません。
W8.1で見ても原稿の最後の部分がちょんぎれています。
ValueDomainのxreaとさくらインターネットと、両方からホームページ原稿を送ったのが干渉しているのかもしれません。
Chrome でも、Firefox でも、不安定なのは同じです。

http://sherpaland.net/
これはわたしの独自ドメインだから、二つのサーバーからメンテナンスできるのです。
普通はこんなこと考えもしませんよ。
サーバーが開かないという緊急事態だから、別のサーバーを使わざるを得ないのです。

ValueDomainのxreaの有効期限は今年の12月1日までです。
その日を過ぎると、支払いがないということで、サーバーから抹消されるはずです。
それまで向こう8ヶ月、変則的な事態が続きます。

次の山行、自転車行は、さくらインターネットからだけのメンテナンスになります。
ValueDomainのxreaのサーバーは使いません。正確に言えば使えません。
衝突、干渉することはないから、たぶん、これらは大丈夫だろう、ちゃんと開くだろう、と思います。

広島ブログ

2016年4月 4日 (月)

悪態、の意味

Serchina で見た記事なんですがね
(Serchina とは、中国でのニュースやブログを日本文に翻訳したサイトです)

「中国にも日本に負けない鉄道沿線の『絶景』はある! でもマナー悪すぎて立ち入り禁止に・・・」
http://news.searchina.net/id/1606278

その中で、悪態を、不行跡、悪い態度、とする文脈で展開していました
翻訳したひとは中国人か日本人か、どっちであろうと、中国での用法・常識をそのまま持ってきたように思えます

日本では、悪態をつく、これが唯一の文例です
悪口、罵り、を意味しています

同じ漢字を使ってはいますが
日中それぞれ、意味するところは食い違っているようです

広島ブログ

2016年4月 3日 (日)

いろあわせー摺師安次郎人情暦

「いろあわせー摺師安次郎人情暦」梶よう子 角川春樹事務所
[かけあわせ][ぼかしずり][まききら][からずり][あてなぼかし]5話から成っています。
それぞれのタイトルは、摺りの技法で、内容とは釣り合っていたり、かけ離れていたりです。
江戸の出版物は、絵師、彫師、摺師から成り立っています。
安次郎は中堅の摺師、親方長五郎のもとにいます。
事件はいろいろ、長屋の中だったり、ふと知り合った昌平黌の子どもだったり、様々です。
去年の直木賞候補[ヨイ豊]で浮世絵師の世界を書いています。
そのはるか前で、江戸の出版業界について書いていて、詳しいのだ。
お仕事小説ですね。

読書メーター

広島ブログ

2016年4月 2日 (土)

3月に読んだ本

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3101ページ
ナイス数:63ナイス

地に巣くう地に巣くう感想
バッテリーなどの少年小説・スポーツ小説とは大違いです。読んでいて、体温が下がって行くんですよ。八丁堀の同心小暮信次郎、手下の伊佐治、岡っ引きの尾上町の親分さんで通っている。その同心新次郎が襲撃されるところからお話しが始まる。島帰りの前科者が大川で殺されて浮いていた。ここで、小間物問屋遠野屋の旦那、清之介が登場する。シリーズものなんですね。弥勒シリーズ第六巻。事件は20年前、新次郎の右衛門が関係している、と判る。事件は血の気混じりなんですがね、登場人物が冷めているので、興奮することなく読み終える。
読了日:3月28日 著者:あさのあつこ

レーン ランナー3レーン ランナー3感想
三堂貢は陸上の名門高に入って、高名な監督の指導を受けていた。監督がすべてのスケジュールと方針を決める。三堂は黙って従うだけだ。押し付けに切れて、三堂は監督を殴ってしまった。高校を退校した。碧季の学区に転校してきたのはそんないきさつがあったからなのだ。碧季と三堂はショッピングセンターのイベントで偶然出会った。一緒に走ることになった。レースでもなく、ただのロードジョギングなのだ。ここまで3作あるが、これで終わるとはとても思えない。これで終わりなら、不完全燃焼だ。ランナーのお話しだけでなく、児童虐待こどもいじめ
読了日:3月26日 著者:あさのあつこ

スパイクス ランナースパイクス ランナー感想
ランナー2作目です。バッテリー1~6があるが、ランナーもシリーズです。碧季(あおい)は高校陸上部に再入部した。春の地区記録会がある。そこで碧季は5千メートルにエントリーした。選手に化け物がいた。三堂貢、スタートから先頭を切る。碧季もペースを上げた。三堂のすぐ下に食らい付く。二人はぶっちぎりで、14.08.66、14.16.78、1位が三堂、2位が碧季なのだ。スポーツものはライバルがいなければ面白くない。2作目はここまで、これから先の戦いが楽しみだ。
読了日:3月26日 著者:あさのあつこ

ランナーランナー感想
碧季(あおい)は陸上1万メートルで惨敗した。最下位だった。みじめで陸上部をやめた。両親が離婚した。夫の弟夫婦が交通事故で亡くなって、女の子、杏樹(あんじゅ)を引き取った。離婚した今は、母は女の子に当たるようになった。碧季が1万メートルで負けたのも、そこに原因があるのかもしれない。負けたのは高校1年の秋、走りたくなって2年の春に陸上部に再入部した。家庭が煮詰まって、別れた夫に杏樹を引き取ってもらうことにした。その土壇場で、母と杏樹は求めあって一緒に家族を続けることになった。家庭内暴力、児童虐待、こんな修羅場
読了日:3月26日 著者:あさのあつこ

家康、江戸を建てる家康、江戸を建てる感想
徳川家康が江戸幕府を組織する、幕藩体制を組み上げる、そんなお話しじゃないのです。最後の章は政治政策論だが、他は、お仕事小説、ビジネス小説、サクセスストーリーなんです。5話から成ります。[流れを変える]河川工事、流路の付け替え、伊那忠次、[金貨を延べる]小判の鋳造、銀座の始まり、後藤庄三郎、[飲み水を引く]井の頭上水、百姓六次郎、[石垣を積む]石切り場の棟梁、吾平、石積の棟梁、喜三太、[天主を起こす]天主閣、建てるや建てざるや、家康と秀忠
読了日:3月22日 著者:門井慶喜

スマイルメイカースマイルメイカー感想
黄色いタクシーが三台、一台は小学生の男の子を乗せ、一台は男を乗せ、一台は女を乗せる。三人は家族なんです。離婚した夫婦で、子どもがいるわけです。同時進行のお話しだと思って読んでいたが、1ヶ月の時間差のあるお話しでした。最初の黄色いタクシーは個人タクシーで、スマイルタクシーと書いてあります。乗客が降りる時には、スマイルで降りて行く、それがモットーのタクシーです。他の二台のタクシーは友達です。離婚した夫婦で、どっちも弁護士で、これならお話しの先行きは見えてくるでしょう。裁判です。負けそうな裁判を覆すお話しです。
読了日:3月20日 著者:横関大

春雷春雷感想
君主抗命譚です。我が子が殺された。殿の馬が暴れて蹄で蹴殺されたものです。家中に召し抱えてやる故辛抱せぇ。殿は名君であられる。名君であられるから事を荒立てるな。多聞隼人は召し抱えられ、順次出世して、家老にまで登り詰めた。隼人の心のうちは、殿は名君にあらず、暗君であられる、それを暴くのが目的です。一揆を鎮めたが、殿の意に沿わず、上意討ち、切腹を申し渡される。屋敷に立てこもって、抗命です。鉄砲で討ち果たされるが、幕府の裁定は隠居、暗君が明らかになる。豊後羽根藩、「蜩ノ記」「潮鳴り」「春雷」の舞台です。
読了日:3月13日 著者:葉室麟

ロング・ロング・ホリディロング・ロング・ホリディ感想
作者は1961年生まれ、55歳です。自分の青春時代を舞台にして書いています。「一九八一年札幌六月」「一九八二年札幌九月」二章に分かれていますが、前章が283ページ、後章が7ページ、後章はおまけです。札幌の大学に通いながら、アルバイトにいそしんでいる。喫茶店が職場です。店長と事務員だけが正社員、あとはバイトだけで回しています。そのバイトたちの青春群像です。モノは当時の物ですが、心根は今も昔も同じです。今の若者が読んでも通用するでしょう。別に、ダイシリーズがあって、喫茶店の経営者で探偵、というのがあります。
読了日:3月12日 著者:小路幸也

みつばち高校生 富士見高校養蜂部物語みつばち高校生 富士見高校養蜂部物語感想
長野県富士見町に富士見高校があります。普通科2クラス、園芸科1クラス。山梨県境で八ヶ岳南麓にあります。女子高生が2年の時、養蜂部を立ち上げた。農業甲子園があります。農林系の高校生の農業クラブ大会です。2年目で長野県最優秀賞を受け、3年目で全国大会で優秀賞、4年目で全国大会の最優秀賞を受賞します。やはり一番面白いのは、1年目のなんにも知らない頃です。ミツバチの巣箱を用意して、ミツバチが入ってくるのをただただ待っています。なんぼ待っても入ってこないので、分蜂した蜂を段ボールの箱に落として持ち込むとか。ハチに刺
読了日:3月10日 著者:森山あみ

ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。感想
父親が突然亡くなった。息子の湯澤剛はキリンビールで出世街道を進んでいた。父の会社はどうなっているか。調べてみると、年商が20億円なのに、銀行からの借入金が40億円あった。会社をやめて社長になるしか他に方法はありません。従業員の態度は悪く、すぐにやめる、と脅すのを、頭を下げて続けてもらう。板前の代わりを雇うまで店を数日間休まなければならない。借金返済には店を開店し続けることが第一条件なのです。赤字の店を改装することにする。ターゲットを中高年のサラリーマンに絞る。順次、借入金も返済が進んで、ついに完済に漕ぎつ
読了日:3月8日 著者:湯澤剛

ヨイ豊ヨイ豊感想
幕末の絵師の世界です。江戸の絵は、主流は刷物です。画工がいて、彫り師がいて擦り師がいて、版元から売り出されるわけです。歌川豊国、三代目のところに清太郎は入門した。実直を買われ、師匠の娘を嫁に貰い、師匠の前名の国貞を襲名した。弟弟子に八十八(やそはち)がいる。腕は達者だが、行状は破戒的で、当時の絵師の悪いところの代表のようなものだ。江戸が東京に変わる頃、清太郎は歌川豊国を襲名することを決心した。卒中を患って右腕が動かなくなった。版元の間では、ヨイヨイ豊国、ヨイ豊と蔑まれていた。江戸から明治に変わる時代の絵師
読了日:3月1日 著者:梶よう子

読書メーター

奇界紀行

「奇界紀行」佐藤健寿 角川書店
半分読んだところで、ゲップが出ました。
もうええ、これ以上は読む気がしない。
台湾の貝殻で装飾された寺、アフリカ・トーゴの呪術師、アルゼンチン奥地のUFOスポット、マレーシアの洞窟、インドネシアの墓地、カリフォルニアのサイケな教会、フランスの奇怪な板金打ち出し、台湾の占い師の占いに従わずに死にそうになること。
この先、まだまだ続くが、もう読み続ける気がしない。
要するに、わたし、このテのカテゴリーには興味が湧かないのだ。
不思議なのは、著者は全世界を歩きまわっているのですよ、各国の大田舎まで訪ねているのですよ。
業界雑誌の連載を採録したのだそうだが、執筆料で旅費経費を上回っているとは思えない。
売文業だけで食っていけているとは思えない。
業界のプロデュース、コンサルタントで稼いでいるのでしょうね。

読書メーター

広島ブログ

2016年4月 1日 (金)

太陽光発電パネル、続

昨日の太陽光発電パネルの続きですが

電気畑

でどうでしょうか

お仕事は、と聞かれて
畑で電気を栽培しております
畑で電気を収穫しております

オトボケと受け取ってくれるか
本気で受け取ってくれるか
そこは、自己責任でどうぞ
わたしに尻を持ち込まんといてね

広島ブログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31