無料ブログはココログ

« 太陽光発電パネル、続 | トップページ | 3月に読んだ本 »

2016年4月 2日 (土)

奇界紀行

「奇界紀行」佐藤健寿 角川書店
半分読んだところで、ゲップが出ました。
もうええ、これ以上は読む気がしない。
台湾の貝殻で装飾された寺、アフリカ・トーゴの呪術師、アルゼンチン奥地のUFOスポット、マレーシアの洞窟、インドネシアの墓地、カリフォルニアのサイケな教会、フランスの奇怪な板金打ち出し、台湾の占い師の占いに従わずに死にそうになること。
この先、まだまだ続くが、もう読み続ける気がしない。
要するに、わたし、このテのカテゴリーには興味が湧かないのだ。
不思議なのは、著者は全世界を歩きまわっているのですよ、各国の大田舎まで訪ねているのですよ。
業界雑誌の連載を採録したのだそうだが、執筆料で旅費経費を上回っているとは思えない。
売文業だけで食っていけているとは思えない。
業界のプロデュース、コンサルタントで稼いでいるのでしょうね。

読書メーター

広島ブログ

« 太陽光発電パネル、続 | トップページ | 3月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽光発電パネル、続 | トップページ | 3月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31