無料ブログはココログ

« JR三江線沿線、江津駅から石見都賀駅まで(自転車篇) | トップページ | パラダイス山元の飛行機のある暮らし »

2016年5月24日 (火)

タックスヘイヴン

「タックスヘイヴン」橘玲 幻冬舎文庫
シンガポールの高級ホテルのベランダから日本人が落ちて死んだ。
事故か事件か自殺かわからない。
死んだ日本人は証券ブローカーで、自分でファンドを運営していた。
彼は顧客の銀行口座から大量に金を盗み出していた。
高校の同級生という縁で、未亡人、失業翻訳者、投資コンサルタントが連帯して動くようになる。
消えた金を探すのが筋書きです。
大物政治家、政治家の個人秘書、スイスの銀行のシンガポール支店の幹部、武闘派ヤクザ、中国のマフィアのボス、シンガポールの警察官、日本の検察官、いずれも一癖ある面々が暗躍します。
タックスヘイブンのこと、外為はどのように動いて行くのか、スイス銀行の口座はどのようにして動かすのか、へぇ、そうなの、知らないことが一杯です。
知らなくてよろしい、理解しなくてもよろしい、金の動きの仕組みはどうなっているのか、こういうところが面白いのです。

読書メーター

広島ブログ

« JR三江線沿線、江津駅から石見都賀駅まで(自転車篇) | トップページ | パラダイス山元の飛行機のある暮らし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR三江線沿線、江津駅から石見都賀駅まで(自転車篇) | トップページ | パラダイス山元の飛行機のある暮らし »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31