無料ブログはココログ

« 影踏み | トップページ | 看守眼 »

2016年6月 3日 (金)

歴史家

学者はたいてい、哲学者、物理学者などと呼ばれて
哲家、物理家とは呼ばれません。

例外的に、歴史学者は、歴史家と呼ばれることもあります。
ついでに、宗教家と呼ばれる人々が宗教学者かと言うと
そうではなくて、教祖、教団側の人の場合が多いです。

ヘロドトス、司馬遷のように、歴史家は世間から尊敬されていました。
もともと、語り部は原始社会でも存在していました。
現代でも、中東アフリカの部族社会では語り部は存在します。
その延長線上に歴史家はいるのでしょうね。

天文家というのもあります。
これが職業かと聞かれると、ボランティアが一般的ですねぇ。
お金にはならないが、尊敬という報酬が与えられます。

似たような職業に、文化人があります。
ちゃんと食っていける文化人と、なかなか食っていけない文化人がいます。
文化人は職業か、そこはどうなんでしょうね。
本業があって、余技で世渡りするのが文化人なのか
本業をカルチャー業界がマネジメントしているのか
いまいち、理解できません。

広島ブログ

« 影踏み | トップページ | 看守眼 »

コメント

確かに,我々は「法律家」と呼ばれ,大学の先生は「法律学者」ですね。

そうでした、そうでした。
中国の昔々に、儒家と並んで、法家があったのを思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 影踏み | トップページ | 看守眼 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31