無料ブログはココログ

« 花は咲く | トップページ | 歴史家 »

2016年6月 2日 (木)

影踏み

「影踏み」横山秀夫 祥伝社
真壁修一は出所した。窃盗犯の懲役が満期になったのだ。
双子の弟の啓二は焼け死んで、修一の耳の中に棲みついている。
忍び込んだ家で捕まったのだが、あれはどうも納得がいかない。
妻が夫を殺す寸前のところだったのだ。
出所したら、そこの事情を調べてみよう。
そこから成り行きでお話しはどんどん転がって行くのだ。
双子が同じ肉体に宿っているという設定で、読んでいて奇妙な感覚に襲われる。
横山秀夫は警察ものを得意にしているが、警察の反対側の泥棒からのお話しで、こういうのも面白い。

読書メーター

広島ブログ

« 花は咲く | トップページ | 歴史家 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花は咲く | トップページ | 歴史家 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31