無料ブログはココログ

« 歴史家 | トップページ | 5月に読んだ本 »

2016年6月 4日 (土)

看守眼

「看守眼」横山秀夫 新潮社
短編集です。看守眼とは、トップの篇のタイトルです。
面白かったのは「午前五時の侵入者」
県警でHPの担当を命じられた。
ある朝、県警のHPが書き換えられているのを発見した。
すぐに対処して、取り繕った。
もみくちゃにされた。上層部のあっちを立てればこっちが立たない。
責任問題で攻め立てられた。
わたしがその立場にいたとしたら、いやぁ、大変だね、ぞっとする。
会社のHPのメンテを担当したこともあるわたしとしては、そんな目に遭うかもしれなかったのだ。
それぞれの篇がひりひりするような焦燥感に溢れていて、素直にページを繰ることができない。
6編のうち、2篇、主人公が気の毒で、途中で読むのを放棄してしまった。
どの篇かって?それは言えない。予断を持ち込むことになるから。

読書メーター

広島ブログ

« 歴史家 | トップページ | 5月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史家 | トップページ | 5月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31