無料ブログはココログ

« パチカルプレー | トップページ | 深見東州とは何者ですか »

2016年7月 3日 (日)

緑資源幹線林道 君田だけ その3(自転車篇)

茂田の集落に到着、集落外れの民家が見えている。坂道の上にたんぼがある。
変形四差路に到着、馬の鞍なのだ。ここが道の登り詰め、ここから先は下りになるのだ。
道路をつくっています、の看板がある。林道比和・新庄線(君田・布野区間茂田工区)これは緑資源幹線道路で見るフレーズだ。発注者は広島県北部農林水産事務所、緑資源機構は消えてしまっている。
布野側の林道の銘板に広島県とあった。「近郷近在、三次市布野の湯谷山」ここに、布野側の新設林道について述べています。完全に緑資源機構の影響力は消滅しました。
工事中の林道に入ってみよう。ここが入口。入ってみると、工事が中断して長い年月が経っているようだ。出来立ての新鮮さは消えて、古びた感じに覆われている。
継続するか、ここで事業を中止にするか、長い論議があったのだろうね。で、結局、緑資源機構のプランのまま、広島県が当事者となって実施すると決定したのだろうね。
ここで工事が終わっている。工事の看板があるから、近く再開するのだろうね。期間29年3月13日まで、6,188万円、こうあるからには、このままで終わるはずがない。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のURLをクリックしてみてください。

http://sherpaland.net/bike/2016/bike-160702-midori_rindo3/bike-160702-midori_rindo3.html

広島ブログ

« パチカルプレー | トップページ | 深見東州とは何者ですか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パチカルプレー | トップページ | 深見東州とは何者ですか »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31