無料ブログはココログ

« ロード・バイク買いました | トップページ | 高校駅伝、広島県予選コース、その先へ(自転車篇) »

2016年8月16日 (火)

ロードバイクのビンディング

ロードバイクは、靴とペダルを金具で結び付けます。
往々にして起こるのは立ちコケ、わたしもやってしまいました。
どうしてもクリートが外れない。そのまま横倒しでズデーン。
最初に一回痛い目にあえば、次からはもうそんなことはしない。
 
もっと困ったことが起きました。
クリートが靴から外れない。
靴をペダルに噛ませたまま、靴を脱いで外しました。
むりやり外してみると、クリートの留めネジが一本抜け落ちています。
しゃぁない、このまま漕いで帰らなきゃしょうがない。
 
次に自転車から降りたとき、エイヤァと無理にペダルから靴を引き抜いた。
クリートがペダルに喰い付いたまま、靴からむしり取られてしまいました。
 
自転車屋に持ち込んだところ
このクリートは一番脱着が簡単なヤツなのに、こんな故障は始めて見た。
 
なんとか直りました。
思うに、クリートと靴のネジの締め付けが緩かったのだろうと思います。
あるいは、使っているうち、ネジが緩んだのか。
使用説明書に、ネジにグリースを塗って締めるようにとあったので、従った。
そもそも、グリースがまずかったのじゃなかろうか。
 
教訓その一、クリートのネジは、走る前に締め直したほうがええ。
 
クリートで靴とペダルを直結させるので、踏み込み、引き上げ、両方ちからが使える。
登り坂もだいぶ楽になったような気がします。

広島ブログ

« ロード・バイク買いました | トップページ | 高校駅伝、広島県予選コース、その先へ(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロード・バイク買いました | トップページ | 高校駅伝、広島県予選コース、その先へ(自転車篇) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31