無料ブログはココログ

« あれもこれも、全部噛む | トップページ | カープ優勝が今日でよかった »

2016年9月10日 (土)

Microsoft Edge どうしても消せないページが残る

Windows10でMicrosoft Edgeでのことなんですがね
Microsoft Edgeを起こすと、即座に同じページが数枚同時に開く現象が起きました。
通常のスタートページではなく、自分の好みのページをスタートページに指定している場合です。
しょうがないから、丹念に1ページづつ閉じて行きます。
最後に、空白のページが残ります。
URLは自分の好みのページですが、中身がありません。空白のままです。
これは×で消そうとしても消えません。
Ctrl+Alt+Delete で消すしか方法がありません。
 
面倒なことだね、なんとかならんか。
自分好みのスタートページを引き下げて、Microsoft 指定のスタートページに変更しました。
これでやっと、同じページがバタバタバタと数枚開く現象から解放されました。
 
ただ今、自分のHPのメンテナンスをしています。
Microsoft Edge では、ポップアップ画面がシャボン玉のように潰れていかないのです。
Microsoft Edge で見ているなら、その都度、ポップアップ画面に触れてください、とのお願いを書き添えています。
 
自分でも、うっかりして触れることなしにいれば、開いたままのポップアップ画面が溜まります。
大量に溜まると支障が出ます。
ひとつづつ潰して行きますが、最後に、中身が空白のページが残ります。
中身がありません。空白のままです。
これは×で消そうとしても消えません。
Ctrl+Alt+Delete で消すしか方法がありません。
 
同じトラブルが再現しました。
Microsoft Edge のこの欠陥を早く解消するバージョンアップをしてほしいものです。

広島ブログ

« あれもこれも、全部噛む | トップページ | カープ優勝が今日でよかった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あれもこれも、全部噛む | トップページ | カープ優勝が今日でよかった »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31