無料ブログはココログ

« 大土山の外周を大きく一周(自転車篇) | トップページ | 懇ろ(ねんごろ) »

2016年9月24日 (土)

中国での日本語輸入

明治時代、福沢諭吉や西周など、西洋の概念・用語を翻訳して、和製漢語を創作しました。
古くからある漢語にも、息を吹き込んで違う意味を与えました。
それを中国でもどんどん逆輸入しました。
 
現在ただいま、中国の若者は再び日本語を逆輸入しているそうです。
 
萌←萌え
宅←お宅
二次元←二次元
現充←リア充
傲嬌←ツンデレ
腹黒←腹黒
 
どんどん輸入してちょうだい。
それで、ボキャブラリーが増え、思考方法が広がるならええことだ。
 
出典は
Searchina
【「萌え」、そして、「リア充」・・・続々と中国語化している、日本の「2次元スラング」=中国メディア 】
http://news.searchina.net/id/1619103?page=1

広島ブログ

« 大土山の外周を大きく一周(自転車篇) | トップページ | 懇ろ(ねんごろ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大土山の外周を大きく一周(自転車篇) | トップページ | 懇ろ(ねんごろ) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31