無料ブログはココログ

« やはり真田幸村は「日本一の兵」だった | トップページ | 虹のふもと »

2016年10月26日 (水)

高北広域農道その1、三次市粟屋から安芸高田市高宮まで(自転車篇)

安芸高田市の山を歩いていると、ちょいちょい高北広域林道の標識に出会います。緑資源幹線林道で知ったことですが、一繋がりに連続した道ではないのです。飛び飛びで不連続なのです。
みよしまちづくりセンターの駐車場に車を止める。ここから高谷山がよく見えている。
寿橋を渡って、国道54号線の信号交差点を渡り、高谷山への道を進む。何も案内看板がないが、この交差点からから高北広域農道が始まるのですよ。
登り坂を、えいやえいやと漕いで登る。降りて押すことはないが、何度か自転車を下りてちょっと息を整えないと登り切れない。
高谷山頂上、霧の海展望台との分岐を過ぎる。霧の海の最盛期には、駐車場が満杯で、道の片側にずらりと駐車の列が続くのだそうな。
粟屋側の最高地点を過ぎる。高谷山の肩をを越えて行くので、ここまで踏んで踏んで漕いで漕いで登って来なきゃならなかった。
編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これが出だしの部分、これから先は、下のURLをクリックしてみてください。

広島ブログ

« やはり真田幸村は「日本一の兵」だった | トップページ | 虹のふもと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはり真田幸村は「日本一の兵」だった | トップページ | 虹のふもと »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30