無料ブログはココログ

« 先生、イソギンチャクが腹痛を起こしています! | トップページ | 亡者たちの切り札 »

2016年10月 6日 (木)

希望荘

「希望荘」宮部みゆき 小学館
中編4篇の連作です。
杉村三郎シリーズ「誰か Somebody」「名もなき毒」「ペテロの葬列」前作がこれだけあります。
離婚して、オフィス蛎殻の調査員をしながら、杉村探偵事務所を開業します。
章立ては、時系列通りじゃありません。
杉村探偵事務所での現在だったり、遡って、郷里でアルバイトをしていたり、いろいろです。
蛎殻氏の知己を得て、探偵を志すことで、シリーズの方向性が見えてきます。
前作3作では、読んでいて、入り婿状態でじれったかったが、一本立ちしてよかったじゃん。
家庭と勤務先だけの世界から、依頼者があればなんぼでも語れる、こういう設定なら万全です。
宮部みゆき、ええキャラクターを創造しましたね。

読書メーター

広島ブログ

« 先生、イソギンチャクが腹痛を起こしています! | トップページ | 亡者たちの切り札 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先生、イソギンチャクが腹痛を起こしています! | トップページ | 亡者たちの切り札 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31