無料ブログはココログ

« Adobe Flash が Firefox とうまく連携していないのだが | トップページ | 世界ナンバーワンの日本の小さな会社 »

2016年11月28日 (月)

高北広域農道その2、安芸高田市高宮から土師ダムまで

高北広域農道を自転車で走ってみようという企画です。高北とは、高田郡の北部のこと、高田郡は安芸高田市と名前が変わりましたが、出発地の三次市粟屋町はもともとは高田郡でした。
前回、三次市粟屋から安芸高田市の高宮町まで走っている。今日はその続きを行くわけです。
高宮町佐々部と羽佐竹の境界あたりで、国道433号線が高北広域農道と交差しているところがある。前回はここで引き返した。今回はここから始めよう。
高北広域農道の看板の下に車を駐車する。正しくはここから高北広域農道は区間が始まるみたい。ここまでの東からの道は、高規格道路だが、高北広域農道にはカウントしていないみたい。
今現在はえらい霧の中だよ。自転車のヘッドランプを点灯し、テールライトも点灯しながら走らせる。ここにいるよ、自転車がいるよ、注意してね、走る車に強くアピールしとかないとね。
再び国道433号線と交差する。国道433号線は北広島町から発しているんですよ。この先は、江の川式敷あたりが終点なんだよ。
国道交差点あたりがこのへんでのボトム、ここからは坂道をせっせせっせと登って、ここが高宮町でのピーク、ピークからちょっと行けば美土里町との境界を越える。
坂道を下って、美土里町の谷間の平野に出る。県道64号線に合流する。ここが高北広域農道の終点、とりあえず、ここの区間はここで区切りになるのだ。
編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは、出だしの部分、この先は、下のリンクをクリックして来てみてください。
 

広島ブログ

« Adobe Flash が Firefox とうまく連携していないのだが | トップページ | 世界ナンバーワンの日本の小さな会社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Adobe Flash が Firefox とうまく連携していないのだが | トップページ | 世界ナンバーワンの日本の小さな会社 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31