無料ブログはココログ

« 探検家、40歳の事情 | トップページ | ぼっち »

2016年11月16日 (水)

社掌、車掌

毎朝巡っている自転車のコースなんですがね、途中に神社があります
里の小さな神社です
鳥居に、寄進者、誰々、社掌、誰々、と彫ってあるのです
はて、社掌とは何者だろ、車掌なら知っているけどね

ウィキで調べてみました
宮司、禰宜、権禰宜がいるのは大きな神社
集落の鎮守の杜などには宮司がいません
そのような小さな神社では、社掌が取り仕切っているのだそうです
総代などとは違います、総代は氏子側にいる
社掌は神社側にいて、宮司の代わりを務めている、のだそうです

戦後では、制度が変わって
神社本庁が宮司・権宮司・禰宜・権禰宜の四職の資格を定めています
従って
社掌は、制度上存在しなくなりました

社掌とは、どうやら、明治以降、敗戦に至るまでの期間、存在した職位・名称のようです

広島ブログ

« 探検家、40歳の事情 | トップページ | ぼっち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探検家、40歳の事情 | トップページ | ぼっち »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31