無料ブログはココログ

« ぼっち | トップページ | 集合枡の水の音 »

2016年11月18日 (金)

金鳥の夏はいかにして日本の夏になったのか?

「金鳥の夏はいかにして日本の夏になったのか?」金鳥宣伝部 ダイヤモンド社
サブタイトルが、カッパと金の鶏の不思議な関係
金鳥の宣伝路線は2系列あります。
一方は、金鳥の夏、日本の夏、落ち着いた正統派路線です。
もう一方は、タンスにゴン、タンスにゴン、亭主元気で留守がいい、とか、カッパで着ぐるみ路線などです。
正調と破調が重なり合いながら続いて行きます。
もともと、金鳥の宣伝部は、二人で始まりました。
四代目社長兼宣伝部長と平社員。
ただいま現在は、五人います。それだけ業務繁多になったんですね。
脚注があって、その時々のCMの写真が出ています。
覚えているよねぇ。まぁ、懐かしいこと。
金鳥はブランド名で、社名は大日本除虫菊株式会社。

読書メーター

広島ブログ

« ぼっち | トップページ | 集合枡の水の音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼっち | トップページ | 集合枡の水の音 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31