無料ブログはココログ

« ディレイラー | トップページ | 石もて追われる »

2016年11月12日 (土)

ゆけ、おりょう

「ゆけ、おりょう」門井慶喜 文芸春秋
坂本龍馬の妻のおりょうの一代記です。
小説になるのは、たいがい、夫の坂本龍馬のほうです。
竜馬ではなく、おりょうのお話しというのがええなぁ。
門井慶喜の筆致・書きっぷりは御存じでしょうか。
いつもゆるゆるなんですよ。
この本も極めてゆるゆるで、そこが気持ちがええなぁ。
司馬遼太郎の「竜馬が行く」とは違った趣です。
竜馬が暗殺されて、時は過ぎて、今は明治、横浜でテキヤのおっちゃんと所帯を持ちます。
そこは、嘘か真か、門井慶喜、史実をなぞっているのか、お話しを創り出したのか。
面白いお話しで、堪能しました。

読書メーター

広島ブログ

« ディレイラー | トップページ | 石もて追われる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ディレイラー | トップページ | 石もて追われる »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31