無料ブログはココログ

« 寝違い、寝違え | トップページ | ニフティの料金について »

2016年12月10日 (土)

パソコンは日本語をどう変えたのか

「パソコンは日本語をどう変えたのか」YOMIURIPC編集部 講談社ブルーバックス
副題に、日本語処理の技術史
パソコンは日本語をどう変えたのか、それは面白い、と読み続けました。
どこまで読んでも、パソコンが日本語を変えたなどという記述はありません。
NECのPC98、ワープロ専用機のシャープ書院、DOS/V機、覚えているという人もいるでしょう。
50代、60代、70代、その年代なら覚えているでしょう。昔話でページを水増ししています。
OSがどうの、フォントがどうの、日本語とは遠い独り言が延々と続きます。
日本語は漢字、漢字を扱わなきゃどうにもならない。
漢字はJISで決定します。
JIS2004が制定されたが、それまでに、旧JISと新JISがあったのだそうな。
JIS2004に改訂されて、漢字の数の制限からは解放された。
第10章で、パソコンは「日本語力」を低下させたか?
結論はありません。ああでもない、こうでもない、と言い切ってしまうのを避けております。
パソコンは日本語をどう変えたのか、こういうことを書いているのではありません。
パソコンは漢字をどう取り込んで来たか、こういうことを書いているのです。
発行が2008年で、XP、ビスタ、この時代までのお話しです。

広島ブログ

« 寝違い、寝違え | トップページ | ニフティの料金について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寝違い、寝違え | トップページ | ニフティの料金について »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31