無料ブログはココログ

« 白樫の樹の下で | トップページ | 気象庁の記者会見 »

2016年12月29日 (木)

外国のページを翻訳して読むには

外国の山に登ろうとして、山のガイド記録を探すとします。
あまりにローカル過ぎて、日本語で書かれているものがない場合、現地の言葉で書かれているページを頼るしかありません。

その1、Google Chrome の場合
例として、http://www.tonyhuang39.com/tony0200.html【基隆.紅淡山】
画面の右上に人形の上半身のマークがあります。
クリックしてはいけない、そっと触れてみる。
すると、[このページを翻訳しますか]、[翻訳]、[いいえ]、翻訳を選択します。

その2、Microsoft Edge の場合
同様に、例として、http://www.tonyhuang39.com/tony0200.html【基隆.紅淡山】
右上の黒星みっつのアイコン
クリックして、Internet Explorer で開く、を選択
Internet Explorer ブラウザで、左隅に翻訳というボタンがあります。
そこをクリックすると、日本文が現れます。
Google ツールバーかもしれません、全員誰にでも現れるかはよくわかりません。

その3、たいがいの検索サイト
検索サイトには、[このページを翻訳]、こういったクリックポイントがあるもんです。
なかには、そういったサービスがないヘボな検索サイトもあります。

英語、中国語なら簡単です。
ただし、極端な直訳ですので、ほんとの意味を探るのに、想像力で補ってやらなきゃならない。

フランス語、ドイツ語の場合、言葉を知らなくても、ある程度は可能です。地名が判っている場合など。
朝鮮語、ロシア語、タイ語など、文字が独特で、文字も読めないときは、諦めてください。どうにもなりません。

広島ブログ

« 白樫の樹の下で | トップページ | 気象庁の記者会見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白樫の樹の下で | トップページ | 気象庁の記者会見 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31