無料ブログはココログ

« 妙齢のお嬢さんでも[やつ]と言う | トップページ | 白樫の樹の下で »

2016年12月27日 (火)

つまをめとらば

「つまをめとらば」青山文平 文芸春秋
「半席」で惚れこんだ作家です。
「つまをめとらば」直木賞受賞作品なんだそうです。知らないで読んでしまった。
雑誌連載を集めた短編集です。
どれも妻をめとるはなし。
常にハッピーエンドです。こういうのがええな。
ときおり、ちょっと辛口になって、ちょっとつらいな。するりと抜け出して最後はええお話しになります。
7篇あって、3篇は侍から町人へ直るお話し、もちろん妻女も賛成の上です。
妻以外の女とのお話しが2篇、妻とはちょっと離れたお話しが1篇。
青山文平、発見しました。贔屓にしようと思います。
必ずハッピーエンドで締めくくる、読み始めるにはここが肝心です。

読書メーター

広島ブログ

« 妙齢のお嬢さんでも[やつ]と言う | トップページ | 白樫の樹の下で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妙齢のお嬢さんでも[やつ]と言う | トップページ | 白樫の樹の下で »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31