無料ブログはココログ

« すごいお母さん、EUの大統領に会う | トップページ | 耳当てで毛足がこちょこちょ »

2017年1月13日 (金)

Google Map と Microsoft Map の違い

Google Chrome を起こして、レンガ積みのマークから、Googleアプリ、その中のマップを選ぶと、地図が開きます。
Microsoft Edge では、地図マークをクリックすると、地図が開きます。
国内の地図では大差ありません。どっちも ZENRIN の地図に準拠しているのですからね。片やZENRIN、もう片方がZenrin
違うのは海外の地図
+-で縮尺を変えて、地図の中心を海外に移して行きます。

韓国のソウルに中心を持って行きましょう。
Google Chrome では、アルファベットとハングルの二重表記で
Microsoft Edge では、アルファベットだけの表示になっています。

台湾タイペイに地図の中心を持って行ってみましょう。
Google Chrome では、漢字(繁字)で表現してあります。
Microsoft Edge では、アルファベットが主流、漢字が補助です。
地名をピンイン(中国流の発音記号)からアルファベット化していますが、ピンインを知らないので
アルファベットから漢字(繁字)に転換できません。

香港ならどうでしょう。
台湾と同じ表現です。

大陸は?
中国本土には、行くつもりもありませんので、どうでもよろしい。

地図で、このようなことをしながら遊んでいます。

広島ブログ

« すごいお母さん、EUの大統領に会う | トップページ | 耳当てで毛足がこちょこちょ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すごいお母さん、EUの大統領に会う | トップページ | 耳当てで毛足がこちょこちょ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31