無料ブログはココログ

« 除雪した雪が融けて | トップページ | under the bridge »

2017年2月21日 (火)

よめさんの意味

わたし、わたしの妻のことをよめさんと言っています
おおむね、関西用法に沿っています

ここ広島では、よめさん、よめ、と言うと、それは息子の妻のことです
わたしの妻のことをよめさんと言うと、顔を見返されます、間違ってると言いたいのかも

その土地その土地でよめさんの意味が変わるのだ
会話の中で、これは誰を指して言っているのか、読み取っているのです

わたし、自分のことは自分と言います
関西では、自分と言えば、話し相手のことです

コンテキストが違うのに会話が通じるのは
聞いた言葉を頭の中で翻訳しているからです

どうしてもわからんヤツがいます
言葉通りに聞いて、読み替えができないヤツのことです

広島ブログ

« 除雪した雪が融けて | トップページ | under the bridge »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 除雪した雪が融けて | トップページ | under the bridge »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31