無料ブログはココログ

« ピチピチ、パツパツ | トップページ | これが広島弁じゃ! »

2017年2月15日 (水)

墓標なき街

「墓標なき街」逢坂剛 集英社
百舌シリーズなんですがね、序章が1981年に出版されています。
それから数えて、2015年の出版、「墓標なき街」で7作目。
その間、34年、シリーズ全部読んでいます。
最初のころがどんなお話しか、もう忘れてしまった。
どうやら百舌が生きているらしい。
首の後ろのぼんのくぼを千枚通しで突き刺して殺す手口です。
北朝鮮へ武器輸出する、兵器をパーツばらばらに輸出して某国で組み立てる、そんな事件を追っています。
登場人物は多いのに、一人一人、これは誰と判る書き分けにしてある。
描写の腕は達者です。
終幕は、これで終わる気配がない。
さらに続編がある臭いを醸してページが終わっています。

読書メーター

広島ブログ

« ピチピチ、パツパツ | トップページ | これが広島弁じゃ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピチピチ、パツパツ | トップページ | これが広島弁じゃ! »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31