無料ブログはココログ

« 1月に読んだ本 | トップページ | がん消滅の罠 完全寛解の謎 »

2017年2月 2日 (木)

今度は行けたぞ、尾道の御調山田谷2(自転車篇)

大山田集落には大和小学校の跡がある。閉校後は、福祉施設が引き継いで、知的障碍者の援助をしている。
ここでパンクしてしまった。朝、出る時、パンクを発見した。チューブを入れ替えて出発して、さらにここでもパンクしたのだ。
やれやれ、一日に2回もパンクするとは。
前にパンクで困ったので、今はパンク修理セットと一緒にフロアポンプをザックに入れて担いでいます。ヘルメットの上に突き出して異様な姿に見えるかもしれないね。
これがあればパンク修理は簡単。いや、あのね、簡単でもないのだよ。タイヤが嵌らなくて手こずった。タイヤを外すのは簡単なのだが、嵌めるのになんでこんなに苦労するのかね。
ここは道の分岐、左へ行けば「石見銀山街道、甲山(世羅)~御調(尾道)」で銀山街道の脇道として使っただろうと思える道、ここは右へ向かいます。
交通標識があって、左は県道、右は農道、県道は道が険しくて、農道の方を推奨していると思える看板なんですよ。
右に進んで、傾斜が強くてとてもこれ以上自転車を漕いではいられない。降りて押して歩くしかない。
前回、この道を自転車で押して歩いたのだが、その時は8月、日差しがカンカン照りで熱中症になるかと心配したもんだよ。もう嫌になって、ここで切り上げて引き返したのだよ。
だいたい、前回引き返したのがこのあたり、千堂集落、だいたいこのあたりだと覚えております。
今日は熱中症に罹る惧れはない。この先まだまだ坂道が続くのがうんざりする。とても漕げる坂道じゃないのですよ。押して歩かなきゃしょうがないのが見えている。

 

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書き、全体の姿は、下にリンクから来てみて下さい。

 

 

広島ブログ

« 1月に読んだ本 | トップページ | がん消滅の罠 完全寛解の謎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月に読んだ本 | トップページ | がん消滅の罠 完全寛解の謎 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31