無料ブログはココログ

« 今度は行けたぞ、尾道の御調山田谷2(自転車篇) | トップページ | 怪訝 »

2017年2月 3日 (金)

がん消滅の罠 完全寛解の謎

「がん消滅の罠 完全寛解の謎」岩木一麻 宝島社
著者は医師ではなくパラメディカルの経歴がある。
病院勤務の経験が深く、がん治療の手法について描写が細かい。
浦安沿岸医療センターという病院がある。
そこではがん患者の治癒率が高いと評判が高い。
日本がんセンターに勤務する医師がいる。
浦安センターに患者を紹介した。
高校の同級生に損保会社勤務のものがいる。
送られたがん患者のがんの症状が消えたと教えられる。
がん保険で、リビングニーズ特約が付いている。
がんで死ぬ前に、生きているうちに保険金を支払う方式なのだ。
浦安沿岸医療センターでは、保険金を支払ったのに、がんが消えた患者が三人もいる。
不思議だ、と相談される。
殺人事件ではない、活人事件なんですよ。
ただね、一連の事件の動機が納得いかない。
もひとつ、登場人物の性別がよく判らない。男のつもりで読んでいたら、女らしいと気が付いたり、性別無視でお話しが展開していたり。
ストーリーを追うのは横へ置いて、がん情報、病院情報を得るつもりで読むと、とても興味深いです。
医者の世界では、完治とは言わないようです。
題名の一部にある寛解、部分寛解、完全寛解と言うようです。

読書メーター

広島ブログ

« 今度は行けたぞ、尾道の御調山田谷2(自転車篇) | トップページ | 怪訝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度は行けたぞ、尾道の御調山田谷2(自転車篇) | トップページ | 怪訝 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31