無料ブログはココログ

« よめさんの意味 | トップページ | むずい、はずい »

2017年2月22日 (水)

under the bridge

「under the bridge」堂場瞬一 早川書房
前作に「over the edge」があります。
前作は、現場が東京で、ニューヨーク市警のブラウンが出張して来て、濱崎が手助けした。
今度は逆、現場はニューヨークで、ブラウンの仕事に、濱崎が無理やり喰い付いて行く。
ニューヨーク・メッツが売りに出される。
投資ファンドが何グループか群れる。
そのファンドには日本のヤクザも出資している。
警察小説だろうと読んでいたが、激しい銃撃戦となって驚く。
堂場瞬一はスポーツに明るい。メジャーの事情にも精通しているみたい。
ニューヨークをあちこち駆け回る。
地下鉄にN線、R線が走っているなど、この小説を読むまで知らなかった。
「under the bridge」この意味は
ブルックリン橋の下に、ブルックリンパークがある。
そこでブラウンと濱崎が語り合って、この事件の裏側を知る、こんなお話しです。

読書メーター

広島ブログ

« よめさんの意味 | トップページ | むずい、はずい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よめさんの意味 | トップページ | むずい、はずい »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31