無料ブログはココログ

« レジの下に手洗い台がある | トップページ | 笠岡から倉敷、海岸線を行く(自転車篇) »

2017年3月13日 (月)

大臣は政治家がやるものなのか

日本では、大臣は政治家が就任するものですよね
議員以外から就任すると、異例だと大騒ぎです

トランプ政権では、長官を任命するのに、必ずしも議員とは限らない
州知事だったり、将軍だったり、社長だったり、ピックアップが自由自在です
中国でも、共産党のテクノクラートが就任するのが当たり前です
ロシアは詳細不明、ヨーロッパの事情はどうなんでしょうね
発展途上国では、大学教授、裁判官・検事、人材に限りがあるから、なんでもありです
中には、宗教指導者、部族の長老、王家の一員、国によって事情はさまざまです

選挙で選ばれた政治家が大臣・長官に就任するのは、日本だけの常識かもしれません
どうしても、自分の身丈・尺度で世界を見ますが、日本の常識は世界の常識とは限りません

でもねぇ、選挙にも出ていない人物が大臣に就任するのは、それでええのかねぇ
大臣でお粗末なら、次の選挙で落選させればよろしい
政治家とは、任期ごとに選挙で信任を問われる、常に試験がある職業です
こういう日本方式のほうが世界の常識より正しいと思いますよ

広島ブログ

« レジの下に手洗い台がある | トップページ | 笠岡から倉敷、海岸線を行く(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レジの下に手洗い台がある | トップページ | 笠岡から倉敷、海岸線を行く(自転車篇) »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30