無料ブログはココログ

« がっちりマンデー!!儲かる秘密 | トップページ | 心配と心配りは別もの »

2017年3月16日 (木)

みたいな

最近の言葉で、○○みたいな
こんな用法を耳にします

まるで○○みたいな、こういう意味、話法だと思い込んでいました
比喩だと思い込んでいました

どうも違うな
as like as ~
look like as ~
こういう意味、使い方じゃないな

言葉の切れ目、センテンスの切れ目に、登場します
[ここまでがわたしの発言、はい、あなた、次どうぞ]
こういう用法だと判ってきました

話し言葉でしか通用しません
書き言葉で使うと、言葉足らずで幼稚です
ただね
話すように書くネットの世界では、これは普通のことです

なんでこんな言葉が蔓延するのか
それはね、あいまい語法、あいまい話法のせいです
言い切ってトゲを残すより、まぁるく収める、そっちを優先するからです
みたいな、と言っておけば言い切ったわけじゃない
言い切ったわけじゃないが、印象には残る
あいまい語がかなり複雑高度化しているわけです

これを外国語に翻訳したら、あいまい表現は削ぎ落とされます
ストレートなポキポキとした言葉でしか表現できないでしょうね

広島ブログ

« がっちりマンデー!!儲かる秘密 | トップページ | 心配と心配りは別もの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がっちりマンデー!!儲かる秘密 | トップページ | 心配と心配りは別もの »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31