無料ブログはココログ

« 三月に読んだ本 | トップページ | 罠に落ちろ 影の探偵'87 »

2017年4月 3日 (月)

今度は登れた、世羅の高山

登山路は幅広の道、杣道とは思えないほどの上出来の道だよ。
六回か七回か、折れ曲がる。何度も折れ曲がりながら登って行くのだ。
頂上の手前だが、前の段になっている。土木工事の跡がうかがえる。ここは城跡じゃないのかい。ここは郭の跡なんじゃなかろうか。
ここが高山の頂上、平たく削られて、どう見ても城跡だよなぁ。
もともと世羅・甲山は高野山の荘園で、荘園の警備として、あるいは、荘園に攻め込む勢力として、武士の集団がいたことは間違いない。その拠点に山の上が利用されるのは理の当然です。
早山ヶ城も城跡の形式と見えた。新山は開発され過ぎて前時代の痕跡は消えてしまっている。
広場には、石造りの祠の跡か廟の跡か、風通しが良すぎて中身がなんにもない。
三角点があるはずなのだが、なんぼ探してもみつからない。雪に覆われているので見分けが付かない。ま、ええさ、三角点ハンターじゃないもの。
頂上広場の全景は一枚の写真ではカバーできないが、これが頂上の風景なのだよ。
 
編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のリンクからたどってみてください。
 

広島ブログ

« 三月に読んだ本 | トップページ | 罠に落ちろ 影の探偵'87 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三月に読んだ本 | トップページ | 罠に落ちろ 影の探偵'87 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31