無料ブログはココログ

« はぐ、と、はぐ | トップページ | みよしの「みらさか」 »

2017年4月11日 (火)

茜の茶碗 裏用心棒譚

「茜の茶碗 裏用心棒譚」上田秀人 徳間書店
著者は、文庫本での書下ろしが多い。これは珍しいことにハードカバー。
将軍家より賜った茶碗が紛失してしまった。
探索せぇ、と命じられて、藩を放逐され、浪人となった。
盗品を探すにはと、盗人の見張り用心棒を務めている。
田沼意次が絡んでくる。
大名にその茶碗を所望する。
所望されれば、紛失した茶碗をどこからかでっち上げなければならない。
これ、小宮山、なんとかせぇ。うまく運べば帰藩も叶おう。高禄で召し抱えようぞ。
これからしっちゃかめっちゃかの展開になります。
どんなしっちゃかめっちゃかか。そりゃ、そこは読んでみなくちゃ。
コミックそこのけのどんでん返しが用意してあります。

読書メーター

広島ブログ

« はぐ、と、はぐ | トップページ | みよしの「みらさか」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はぐ、と、はぐ | トップページ | みよしの「みらさか」 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31