無料ブログはココログ

« 四月に読んだ本 | トップページ | メビウス1974 »

2017年5月10日 (水)

北斎まんだら

「北斎まんだら」梶よう子 講談社
前作「よい豊」の流れです。筆致・雰囲気が同じ。
信州小布施の商家の総領息子、高井三九郎は葛飾北斎に入門する。
北斎には娘のお栄、画号は応為、がいる。
北斎の代筆をしたり、下働きをしたり、まくら絵については任されている。
弟子の善次郎、画号は渓斎英泉、お栄といい中になっている。
孫の重太郎が北斎の偽絵を描いていたり、そんな膨らみがあって、小布施の寺の天井画、山車の飾り絵を北斎に描いてもらう約束を取り付ける。

読書メーター

広島ブログ

« 四月に読んだ本 | トップページ | メビウス1974 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四月に読んだ本 | トップページ | メビウス1974 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31