無料ブログはココログ

« 江戸の家計簿 | トップページ | むりやり、むりくり »

2017年6月30日 (金)

Microsoft Edge がどうも変(改善報告)

Microsoft Edge の表現が昨日から変わってきました。
ポップアップのミニ画面は、今まではミニ画面ではなく、モニターいっぱいに広がっていました。
それが、昨日あたりから、ミニ画面はちゃんとミニ画面として開いてくれます。

わたしのHPは、ポップアップのミニ画面は指定寸法のミニ画面で開くように設定してあります。
Windows10、Microsoft Edge に移行して、最初のころは、ミニ画面はミニ画面として開いていました。
いつの頃からか、寸法指定を無視して、ミニ画面はモニター全面に展開するように変わってしまいました。
それが、昨日から最初のスタートの姿に復帰しました。

わたしの環境とみなさんそれぞれの環境は違います。
わたしに起こったことはみなさんそれぞれで同じように起きることは限りません。
でも、こんなことになったよ、と報告すると、わたしも同じ、と共感されるケースがあるかもしれません。

タイトルに(改善報告)と書きましたが、真意は別にある。
突然改悪されて、その改悪が元に帰った、ということなんですがね。

で、そのポップアップ、Microsoft Edge なら、ちょっと触れてやらなきゃ消えませんが
Internet Explorer Google Chrome Mozilla Firefox のブラウザで見ると、何もしなくても、勝手に消えてくれるのです。
そこのところは、Microsoft Edge 最初も今も、固く設定を変えるつもりはないようです。
スタイルシートで、onBlur="close();"=シャボン玉のように消えてしまえ、と規定しているのですが
Microsoft Edge のブラウザには、効果が出てきません。

その後、わかったこと
わたしのメイン機はW8.1からバージョンアップしたものです。Microsoft Edge 38.14393.1066.0
サブ機は最初からW10がインストールされているものです。Microsoft Edge 40.15063.0.0
Microsoft Edge のバージョンが違います。
サブ機で見ると、Internet Explorer Google Chrome Mozilla Firefox のブラウザと同様に、ポップアップは消えてくれます。
不満に思っていましたが、わかりました。
ブラウザのバージョンが未熟だったのだ。

広島ブログ

« 江戸の家計簿 | トップページ | むりやり、むりくり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸の家計簿 | トップページ | むりやり、むりくり »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31