無料ブログはココログ

« 帰ってきました | トップページ | システムを「外注」するときに読む本 »

2017年7月23日 (日)

ひとりおいて

大勢が写っている写真で、ひとりおいて、こういう説明がある場合があります。
おくとは置く、なんでしょうか。どこか違うよなぁ。
ひとり飛ばして、ひとりノーカウントにして、意味・用法としてはこういうことでしょう。
それはさておき
これも同じ用法です。なかったことにして、軽く流して、こういう意味です。

会社の集合写真、誰もが定年退職まで勤続したが、ひとり残念な人がいた場合
やくざの宴会でのスナップ、ひとりカタギが混じっていた場合

こんな場合、多くを語らず、ひとりおいて、このキャプションが大人のやり方です。

広島ブログ

« 帰ってきました | トップページ | システムを「外注」するときに読む本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰ってきました | トップページ | システムを「外注」するときに読む本 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31