無料ブログはココログ

« 海外で自転車に乗るには | トップページ | 家康 一 自立篇 »

2017年8月14日 (月)

みちばたのむくげはうまにくわれけり

芭蕉の野ざらし紀行の中の俳句ですがね

道ばたの木槿は馬に喰はれけり

むくげとは、すみれ・たんぽぽ程度の丈の低い花だと思っていました
木槿の槿、木へんにすみれだもの、そっちへ誘導されるよなぁ。
実際にむくげの木を知ってみると
2メートルほどの丈の高い木です
馬のイメージが変わりました
静かに草を食んでいる姿ではなく、むしゃむしゃと手荒に食べ散らかしている姿にかわりました
わびさびの世界だと思うから控えめな風景を思いましたが
そうではなく、ダイナミックな姿だったのだなぁ

広島ブログ

« 海外で自転車に乗るには | トップページ | 家康 一 自立篇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海外で自転車に乗るには | トップページ | 家康 一 自立篇 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31