無料ブログはココログ

« 説明責任を果たせ | トップページ | キシャに遅れて、次善の策、下深川駅から三次駅まで(自転車篇) »

2017年9月28日 (木)

地図にある不思議なシルシ

国土地理院の2万5千分の1の地図ですがね、地図に不思議な描写が書き入れてあります。
場所は、東広島市豊栄町の乃美交差点から南に見える岡の上、板鍋山の麓にあります。
ビッシリと密集したものを描写しています。

わからなければ行って見ればええ。
行ってみました。
イネの苗センターの廃墟でした。
ビニールハウスの骨組みだけが行列して残っています。ビニールは風に吹き千切られています。

かっては、豊栄農協でイネの苗を供給していたのでしょう。
農協が合併して、取り残されて廃墟になったのだろうと思います。

岡の上で、杉などの立木に囲まれていますので、街道からは見えません。
工場廃墟、鉱山廃墟などありますが、それに似たようなもので、未だに地図に姿を残しています。

これから地図に描写されるのは、太陽電池の発電パネルだろうと思います。
大量に畑を覆って、谷から峰へと、大発電所が各地にあります。
イネの苗センターを拾うなら、ソーラーパネルも拾わなきゃ。
大規模なソーラーパネルの群れは巨大なランドマークですからね。

 

170928

広島ブログ

« 説明責任を果たせ | トップページ | キシャに遅れて、次善の策、下深川駅から三次駅まで(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 説明責任を果たせ | トップページ | キシャに遅れて、次善の策、下深川駅から三次駅まで(自転車篇) »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30