無料ブログはココログ

« 「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 | トップページ | ぶれる、ぶれない »

2017年9月24日 (日)

どれ どれどれ

どれ、見せてごらん
どれどれ、お父さんがやってみよう

品詞の分類上では感動詞となっています
機能的には役割語と言ってええでしょう
こう発すれば、次に係る言葉はこれと決まっています

一体、いつの時代から使い始めたのか
万葉集にはあるか、とてもあるとは思えない
源氏物語、枕草子にはあるか、あるような気がしない
江戸時代の井原西鶴、十返舎一九、このあたりなら、あってもおかしくない
夏目漱石、使っていても全然不思議じゃない

室町時代の狂言で、頼もう、どぉれ、こういうの、あったような気がします
どれ どれどれと、どぉれとは、近縁関係にあるように思うのですがね
和歌や書き言葉ではなくて、ちまたで話されている言葉を収録したのは、この時代からかな

広島ブログ

« 「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 | トップページ | ぶれる、ぶれない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 | トップページ | ぶれる、ぶれない »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30