無料ブログはココログ

« 沈黙法廷 | トップページ | 繰り返して投稿して来る邪魔ものを排除 »

2017年9月 6日 (水)

吹屋ふるさと村、新見と高梁の境界(自転車篇)

峠を下ると、吹屋への分岐、梶平口という名のバス停があって、ここで県道33号線から県道85号線へ左折して行くのだ。
緩やかな登りで、山腹から山腹をたどるカーブが見渡せる。ありがたいことに、自転車にも優しい道で、こんな道なら漕いで登れる。
吹屋は、銅山と硫化鉄鉱山があって、ベンガラを生産して塗料として使う。日本唯一の産地として隆盛を極めたのですよ。
その鉱山の吉岡銅鉱山跡がこちら、日本三大銅山と称しているが、ええと、この他はどことどこなのだろうね。
駐車場があって、自動車で来た人はここから徒歩で吹屋を回るのだ。吹屋の通りには自動車は似合わないものね。
重要伝統的建物保存地区ということで指定されている。全国に115ヶ所もあるということで、各県にまんべんなくあるのだろうと思ったが、東京都と神奈川県にには指定箇所がない。
保存地区の最初にべんがら屋というのがある。これは代表例だなぁ。
ここから道を下って保存地区の家並が続いている。
吹屋バイパスに合流して、合流してからは昔ながらの狭い道になる。
普通の民家が続いている、下の保存地区を通り抜けて、谷沿いの道を下って行く。
サイクリングコースのキロポストがある。国道180号線から吹屋までをサイクリングコースに指定してあるのだ。
主催は、「ヒルクライムチャレンジシリーズ2017 第7回 高梁吹屋ふるさと村大会」、今年は、受付:2017年9月30日(土)・競技大会:10月1日(日)でやるのだそうです。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書き、全体の姿は下のリンクから読んでみてください。

http://sherpaland.net/bike/2017/bike-170904-hukiya_fmra/bike-170904-hukiya_fmra.html

広島ブログ

« 沈黙法廷 | トップページ | 繰り返して投稿して来る邪魔ものを排除 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沈黙法廷 | トップページ | 繰り返して投稿して来る邪魔ものを排除 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31