無料ブログはココログ

« 岡山新見の水晶山、えらく簡単な山だった | トップページ | どれ どれどれ »

2017年9月23日 (土)

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

「「司馬遼太郎」で学ぶ日本史」磯田道史 NHK出版新書
司馬史観と呼ばれ、日本人の歴史観に大きな影響を与えています。
歴史家は司馬史観を無視するのが通常です。
磯田道史は、その司馬史観を解き明かします。
読んでいて、これは司馬遼太郎の著述のままか、磯田道史の解釈敷衍なのか、分けて書いてはありません。
そのへんは、新書本なので、学術書のような厳密さは要求されないからでしょうね。
戦国時代、幕末、明治、とわけて、代表作を紹介しています。
司馬遼太郎が真に語りたいのに、小説に書かなかった。
「この国のかたち」とエッセイに書いた。
昭和の軍部の時代を鬼胎の時代と表現している。
司馬遼太郎史観のキモです。

読書メーター

広島ブログ

« 岡山新見の水晶山、えらく簡単な山だった | トップページ | どれ どれどれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡山新見の水晶山、えらく簡単な山だった | トップページ | どれ どれどれ »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30