無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ

2017年10月20日 (金)

スズメバチに刺されました

草刈をしていて、スズメバチに刺されました。
一匹だったから、巣の近くではなかったようです。
巣の近くなら、集団で襲ってくるはず。

過去にスズメバチに刺されたのは、こどもの頃に一回、数年前に一回
これで三回目となります。

アナフィラキシー・ショックが起きるかと警戒しましたが、その気配はなさそう。
自分で車を運転して、皮膚科に行きました。
車が運転できるのだから、心配するほどのことはないだろう。
抗アレルギーの薬を二種類と塗り薬を処方してもらいました。

刺されたのはふくらはぎのあたり、下肢全体がパンパンに腫れています。
膝から足首まで腫れて、正座できません。
48時間経過しても、まだ腫れは引かない。
72時間経過して、もとに戻りました。
この程度の被害で済んでよかった、リンパ節などには影響が及んでいません。

スズメバチに三回刺されてこの程度なら、あんがいスズメバチに強いのかもしれない。
でもね、次に刺されたら強いショックが来るかもしれないので、気を付けなくちゃね。

広島ブログ

2017年10月19日 (木)

日本百低山

「日本百低山」日本山岳ガイド協会 幻冬舎
もちろん、日本百名山があってのことですがね
天保山(大阪市港区)標高4.53m、日和山(仙台市宮城野区)標高3m、こういう冗談ではなく
ちゃんとハイキングに適合した百低山を紹介しています。
冠山(岐阜/福井)賤ケ岳(滋賀)武奈ヶ岳(滋賀)大江山(京都)大文字山(京都)剣尾山(大阪)岩湧山(大阪)雪彦山(兵庫)虚空蔵山(兵庫)高取山(奈良)三峰山(奈良/三重)高野三山(和歌山)那岐山(鳥取/岡山)三瓶山(島根)大万木山(島根/広島)毛無山(岡山/鳥取)黒滝山(広島)弥山(広島)東鳳翩山(山口)
わたし、19座登っています。
近畿中国で登っていない山は、朝熊ヶ岳(三重)八鬼山(三重)真妻山(和歌山)擬宝珠山(岡山/鳥取)大満寺山(島根)鬼城山(岡山)寂地山(山口/島根)
東海、関東、東北、北海道、四国、九州、行ってない地域がたくさんあります。行けないところには行けないのだ、しょうがない。
百低山に1500Mを越える山が含まれています。これは違反だろう。
長野県・岐阜県・山梨県の県境の山をリストアップするのはちょっと違うだろうと思いますがね。
一座3ページ、それでも100座ですから300ページは必要です。311ページの本です。
都道府県それぞれに2座ピックアップして、47*2=94、6座をあちこちで追加して、全部で100座。
自分が登ったことのある山は読むけれど、登ってない山には興味が湧かない。つまみ食い読書になりました。

読書メーター

広島ブログ

2017年10月18日 (水)

タケノコバネ、円錐バネ、ツルマキバネ

自転車のバネで、頭が小さくて尻が大きなバネ
この呼び名についてのお気楽ネタですので、スレッドを別項目にしますね

タケノコバネとはどこかで知った知識です、誰かのブログだったと思う
円錐バネ、モノタロウで取り扱っているバネです
ツルマキバネ、SHIMANO(シマノ)の商品です、これはアマゾンでのこと
業界ごとに、販売チャンネルごとに、名前が違うことはあるようです

落語で、てれすこ、すてれんきょう、別の落語で
たいらばやしか、ひらりんか、いちはちじゅうのもーくもく
物が同じでも、名前が違うことはあるもんだなぁ、こんなことを思い浮かべています

広島ブログ

2017年10月17日 (火)

タフガイ

「タフガイ」藤田宜永 早川書房
少年少女が若僧にからまれていた。
救ってやった。
少年少女をそれぞれの家に送り届けた。
それを機に、依頼された。
男の職業は私立探偵なのだ。
娘が殺された。警察とは違う方向で犯人を探してほしいという依頼だった。
探偵・立花というシリーズがある。こっちは初老の探偵だ。
探偵・浜崎はもっと若い、三十代か。
立花も浜崎も似たようなキャラクターだが、浜崎は少年院を出たことがある経歴が違う。
浜崎シリーズの第一作は「喝采」読んでいるけど、どんなお話しだったかな。
翻訳の私立探偵のお話しを読んでるみたい。
ひとによって好き嫌いはあるだろうが、わたしは好きですよ。

読書メーター

広島ブログ

2017年10月16日 (月)

自転車のたけのこばね

自転車の車輪の軸にクイックレバーがあります。
車軸を締めたり緩めたりのレバーです。
そのクイックレバーの両端にばねがあります。
頭が狭く尻が広く、タケノコのような形のばねです。
どうかすると、外しているうちに、このばね、紛失してしまうことがちょいちょいあります。
自転車屋に買いに行きましたが、これだけ単独では売っていません。
ホームセンターで探しましたが、ねじ釘売場に売っていませんでした。

どうするか。
1、たけのこばねが欲しいので、クイックレバーをセットで一組買う。
2、もう使っていない2台目、3台目の自転車が他にあれば、そこから、たけのこばねを外して使う。
これらはいまいちだなぁ、下の方法が一番賢いでしょう
3、輪行時に使うクイックレバーにばねがなくても差し支えない、走行時には、ばねがなくては危険です。ばねを移す。

たけのこばねとは、わたしの仮の呼び名、モノタロウでは円錐ばねと呼ばれています。

広島ブログ

2017年10月15日 (日)

マイ・ディア・ポリスマン

「マイ・ディア・ポリスマン」小路幸也 祥伝社
気配を察知できる警官、今は交番勤務です。
スリ[平場師]が出来る高校生女子、ふたりは出合います。
それぞれの祖父祖母も警官・スリで、ふたりは祖父祖母の遺伝を引き継いでいます。
同級生のお寺の住職の息子もお話しに加わって、お話しは膨らんでいきます。
お話しはハッピーエンド、他愛もないお話しです。そこがええのだよ。
小路幸也は文学賞が取れる作家ではないが、コンスタントにハッピー・ストーリーを提供しています。
小路幸也の作品なら読んで損するなんてことはありません。お薦めです。

読書メーター

広島ブログ

2017年10月14日 (土)

三鬼 三島屋変調百物語四之続

「三鬼 三島屋変調百物語四之続」宮部みゆき 日本経済新聞出版社
[おそろし][あんじゅう][泣き童子]に続く四作目。
[迷いの旅籠][食客ひだる神][三鬼][おくらさま]を収録してある。
夜中に読み続けられなくなるほど、怖くて、怖くて、そういうものではなく
抑えた書き方でお話しを進めている。
おちかは三島屋の姪で、女中に混じって立ち働いているが、おじから命じられた役目がある。
それは、黒白の間で、お客からそれぞれの不思議なお話しを聞くこと。
話して話し捨て、聞いて聞き捨て、他へは漏らしません。
四作目にして、おちかの身の上に変化があるかも。
恋が芽生えるかもしれません。
次作、五作目では、シチュエーションが一変しているかも。

読書メーター

広島ブログ

2017年10月13日 (金)

独立と孤立

似たような字面ですが
ふたつは大きく違います。
間違って、取り違えて使うことはまずないでしょうがね

広島ブログ

2017年10月12日 (木)

いいね、を躊躇うわけ

友人が、悲劇、あるいは、腹立つことをネタにしてアップしています。
そこに、いいね!は押せない。
気の毒に!とか、元気出そう、のボタンがない。
いいね!ではない、よくないね!の状態なのです。
レスポンスできません、ただ読むだけで、スルーすることにします。

ひょっとして、これ、前に上げたかも (^^ゞ

広島ブログ

2017年10月11日 (水)

世羅郡世羅町、目谷ダムから京丸ダム(自転車篇)

登り詰めればダムが見えると思うでしょ。木立・繁みがあって、梢を透かしてでなきゃダムが見えない。どこか好展望の場所があるかと見回したが、道の近くにはないなぁ。
ここは取り敢えずピーク、今日のコースで三番目の高度なんですよ。証拠写真がこれ。
ゆるゆると下りて、黒渕の集落に出る。ここでふれあいロード、広域農道に合流する。広域農道はどこでも、登ったり下ったり、まるでジェットコースターみたいなんだよ。
山を削り、谷を埋めると、工費が高くつくので、あるがままの状態で道を付けるからこういうことになるんだね。自動車なら問題はない、自転車なら大いに問題ありなんだよ。
信号のある交差点があるが、これはその目的地ではない。交差点を越えた坂道の上が今日の最高地点なのだ。
坂道を下って、次の交差点が分岐のポイント、京丸ダムの案内があるから、間違いはない。
写真に、水の別、とあるでしょ。ここは分水嶺なんだよ。北は日本海に流れ、南は瀬戸内海に流れる。そう、ここは馬の鞍なんですよ。
右折して、坂道を降りて、ダムの湖面が見えてくる。ダムに到着、京丸ダムの堰堤を渡って対岸に向かう。対岸に行ったのは昼食のため、座り心地のええ場所を求めて行ったのだよ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分を抜書きしたものです。
全体の姿は、下のリンクから来てみてください。

http://sherpaland.net/bike/2017/bike-171009-sara_dam/bike-171009-sara_dam.html

広島ブログ

2017年10月10日 (火)

独自ドメイン取得すると個人情報丸見え

HPを開設しても、メールアドレスも伏せ、個人情報が漏れないように遮断しているつもりでいました。
ところが、個人情報がダダ洩れに漏れていました。

sherpaland.net という独自ドメインを取得して、個人サーバーで運営しています。
ドメインを確保するには、住所氏名メールアドレスをドメインを管理する世界機関に申請します。
その個人情報が筒抜けに漏れています。

ドメイン料払え、という請求がやってきます。
もちろん、あわよくば業者で、請求すればだれかが引っ掛かるかもしれない、そんな程度のものです。

アメリカの誰かに漏れていたり、ルーマニアの誰たらに漏れていたり、その程度なら怖くない。
東京の誰かが知った、広島の何者かが知った、となるとちょっと怖い。
アメリカヨーロッパからのドメイン詐欺請求はありますが、日本国内からのドメイン詐欺請求はまだありません。

クロネコ便や佐川急便を騙ったヒッカケメールは頻繁に来ます。
それは、住所氏名を知らずに濫発しているだけのメールです。怖くない。
住所氏名を知って、日本語で、わたしを、ハンドルネームじゃなく実名で、名指しで詐欺請求メールが来たら怖いな。

独自ドメインを取りましょうというネット代理店はなんぼでもあります。
そこを退職した元従業員が個人情報をコピーして、名指しで請求メールを送るかもしれない。
国内の詐欺請求なら、こんなことはあるかもしれない。

いいえ、もともとドメインネームの世界機関は問い合わせすれば教えるはずです。
重複しているかどうか、ネーム調査は最初にしなきゃならない。
登録している内容は、閲覧可能なのだろうと思います。
アメリカやヨーロッパからやってくるメールがどれも、わたしの住所氏名が正確なので、公開しているとしか思えない。

似たような例として、特許登録を考えてみます。
先願者の住所氏名電話番号は公開されています。
後願者はそれをもとにネゴします。
それと同様のことなのかしら。

ま、そんなことを考えながら、ドメイン料払え、という詐欺メールには、無視しています。

広島ブログ

2017年10月 9日 (月)

製瓦業、製畳業

○○製瓦株式会社、××製畳株式会社
せいが、せいじょう、なんとか読めます。
○○瓦製造(かわらせいぞう)、××畳店(たたみてん)、こう名乗ってくれるともっと読み易い。

△△製餅株式会社、どう読むの。ええとね、それはね、かんべんしてちょうだい、とギブアップです。
お話しは逸れますが、香港では、パン屋のことを餅店と名乗るのが通常のようです。この目で見たもの。

山崎製パン株式会社、これはすっと読める、会社の業態もうまいこと示しています。
製+カタカナの珍しい例です。
製鉄、製紙、製薬、製菓、たいがい、製+漢字が通常です。

製+漢字の縛りを外すと、難しい名前の会社があります。
□□鋲螺株式会社、★★紐釦株式会社、びょうら、ちゅうこう、と読みます。リベット・ねじ、ひも・ボタン
こういう名前の会社、現実にあります。

広島ブログ

2017年10月 8日 (日)

自転車のチェーンで手が汚れるので

パンクしたり、輪行袋に収めたりするのに、車輪を外します。
その時、チェーンを触って手が汚れる。
今までは軍手を使っていましたが、毎回洗濯するのが面倒。

思い付いて
ポリ袋を使ってみました。
レジ袋じゃなく、豆腐や魚を小分けして入れるポリ袋です。
これなら、汚れれば捨てればええ。

ひと箱に100枚入ったポリ手袋もあります。食品職場や病院でよくみかける、使い捨てのあれです。
使い易そうだが、100枚も要らないよなぁ。

広島ブログ

2017年10月 7日 (土)

呪いと祝いはちょっとの違い

つくりはどっちも兄
へんはそれぞれ、口へん、示すへん
ネは、示の変化形なんだそうです
示すへんの漢字には、神、福、など慶事が多い
じゃぁ、口へんには弔事が多いのか、そうとは限らないけどね
呪は、音読みで、しゅ、じゅ、と読み、ぶつぶつ唱える、声に出さず唱える
こういう意味で、呪い、と限定されるわけではないのですがね

中国の大昔の人は意識してこのように正反対の漢字を作ったのかしら

ざっと見ただけでは取り違えて読む場合があるのですよ
前後の流れからしてどうも違うぞ
読み直してみて、あれ、間違えて読んでいた
こんなこともあります

呪いと祝いとはちょっとの違いだが、中身はちょっとじゃないほど違っています

広島ブログ

2017年10月 6日 (金)

立憲民主党

立憲とくると、次は君主制と受けて、立憲君主制と言う統治機構を指差します。
君主制の弊害を、立憲で制限するという趣旨です。

立憲民主党、立憲と民主と、同種の概念が並立するところがくどい。
立憲とは言わずとも、当たり前のことじゃありませんか。
それとも、こういうことかな。
立憲とは、昭和22年制定の現行憲法を死守する、そういう意味でしょうか。
革新の政党を標榜しながら、硬直した保守の臭いがありますよねぇ。

広島ブログ

2017年10月 5日 (木)

自転車の、2種類の輪行袋

170930 自転車を交通機関に持ち込むには、ばらして、輪行袋に入れなきゃなりません。
最初に買った輪行袋は、後輪は外さず、前輪だけを外す仕組みでした。
セットするのは簡単だが、これを特急電車・新幹線などに持ち込めるとは、とても思えない。

そこで、今回、買い直したのが、前輪、後輪、どっちも外す仕組みの輪行袋。
さすがコンパクトになります。
ただし、セットが面倒、まだ不慣れなので、やたら時間がかかります。
30分余裕を見ていたのに、キシャの発車時刻に間に合いませんでした。
慣れるには、何度も繰り返して、段取りを体に沁み込ませなきゃいけません。

写真は、ナンチャッテ輪行袋とちゃんとした輪行袋です。
占有する面積・体積がこんなに違います。
ナンチャッテ輪行袋をもう一度アマゾンで探しましたが、みつかりませんでした。
販売を中止したのかな。

広島ブログ

2017年10月 4日 (水)

猫の傀儡(くぐつ)

「猫の傀儡(くぐつ)」西條奈加 光文社
猫が傀儡師で人間が傀儡なんですよ。
猫の順松(よりまつ)は傀儡師だった。
行方不明になってひと月、空席にしておくわけにはいかない。
猫の集会で猫のミスジが次の傀儡師に任命された。
傀儡は阿次郎、狂言作者志望なのだが、大店の次男坊で食うには困らない。
猫の傀儡師が人間の傀儡を操って、猫のため、都合のええように計らうのだ。
朝顔の鉢を割ったのは猫だと疑われたを、ほんとのことを明かしてやったり、カラスが子猫をさらうので助けたり、日常あれこれです。
お話しの展開は、先代の傀儡師順松と傀儡の時雨(根付師です)の行方を探すことにある。
お話しの筋などどうでもよろしい、江戸の御代ののんびりゆったりを堪能出来ればそれでよろしい。

読書メーター

広島ブログ

2017年10月 3日 (火)

旭山、志和口駅と上三田駅の間の山

ここから一登りで旭山の頂上にたどりつく。山頂には三角点がある。
山頂からの展望は、東側は見えない、西側が開けている。上三田の駅前から続く集落が見えている。
山頂には、あさきた里山マスターズのプレートがあって、旭山と記されている。安佐北区区政振興課の手によるものです。役人には似げなく味なことをやるね。
ここから下りの道を進むのだが、道は当てにならないと思った方がよろしい。北から登って引き返す人が大部分みたい。この先はワイルド好みの人が入って行く道なんですよ。
最初はリボンに従って進めばよろしい。そのリボンが、あっちにもある、こっちにもある、好き勝手にリボンがマークされているんですよ。
そうなると、自分で地形を判断して、こっちのリボンを選択しようか、こういうことになってくる。
どこかで坂道の傾斜がぐっと増してきます。靴の下の砂が流れて横倒しにすくわれてしまう。今歩いている踏み跡は獣道だろうか、人の踏み跡だろうか。
尾根道から山腹道の真ん中を歩けば歩き易そうに見える。谷の頭を歩いているのだ。谷の傾斜は緩くなって、水平に開放されてくる。
草地でないところが凄いよね。たいがい草原になるもんだが、草原になっていないのは次々と砂が埋めるから成長できないのかしら。
森の中を抜けて、分岐に出てきた。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/asahi_ym.html

広島ブログ

2017年10月 2日 (月)

9月に読んだ本

9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1673
ナイス数:68

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。感想
日本鳥類学会の会員は1200人、へぇぇ、昆虫学会や恐竜学会と比べて多いのやら、少ないのやら。東大を出て東大の大学院を出て、国立研究開発法人森林総合研究所主任研究員をやっている。国家公務員の試験をパスしたのだそうな。この本はむちゃくちゃ諧謔とくすぐりが多い。ただいま44歳だから、中年の智慧と若者の感覚を持ち合わせている。両方カバーできるものね。あんまりギャグが過ぎると下品になるもんだが、そこは心配ない。読む側も、諧謔くすぐりをキャッチする素養がないと、読んでも面白くない。題名もくすぐりだよ。レトリックだよ。
読了日:09月30日 著者:川上 和人

 

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)感想
司馬史観と呼ばれ、日本人の歴史観に大きな影響を与えています。歴史家は司馬史観を無視するのが通常です。磯田道史は、その司馬史観を解き明かします。読んでいて、これは司馬遼太郎の著述のままか、磯田道史の解釈敷衍なのか、分けて書いてはありません。そのへんは、新書本なので、学術書のような厳密さは要求されないからでしょうね。戦国時代、幕末、明治、とわけて、代表作を紹介しています。司馬遼太郎が真に語りたいのに、小説に書かなかった。「この国のかたち」とエッセイに書いた。昭和の軍部の時代を鬼胎の時代と表現している。キモです
読了日:09月23日 著者:磯田 道史

 

サーベル警視庁サーベル警視庁感想
日露戦争当時の警視庁です。人が殺されていました。殺されたのは帝大文科大学の教員のようです。さらに、陸軍の高級士官も殺された。また殺しがあって、富山の薬売りが殺された。警視庁の上司・同僚・下僚、大勢出てくるが、口調・話し方で誰がしゃべっているか判る。うまいこと書き分けています。黒猫先生という名で夏目漱石がでてきたり、新選組隊長の斎藤一、元老の山縣有朋も出て来る。明治の当時は、警察は内務省に管轄され、内務省は元老の山縣有朋の影響下にあり、山縣は軍隊にも影響を及ぼしていました。そういう背景にこの小説はあります。
読了日:09月18日 著者:今野敏

 

刑罰0号 (文芸書)刑罰0号 (文芸書)感想
マッドサイエンティストのお話しです。夢をコントロールできる、これがお話しの発端です。たいてい、小説は同化作用を与えるものですが、これは違う。ものすごい異化作用を与えます。連作の小説ですが、最初の篇がすごい。犯罪者に罰を与えるのに、脳に電極からデータを送り込みます。被害者の感情を電極を通して、脳に記憶を埋め込むのだから衝撃です。アンチ反核運動の最初の伏線は見事に回収されます。そのための伏線だったのかい。マッドサイエンティストは狂っていたんじゃなかった。読んでいて、異化、異化、最後に同化。やっと解放された。
読了日:09月16日 著者:西條 奈加

 

沈黙法廷沈黙法廷感想
佐々木譲とは、警察小説、警官小説で通っています。小杉健治の法廷小説、裁判小説を読んでいるような気がしてきます。赤羽で初老の小金持ちが殺された。家事代行の女を追っていたが、接触する寸前で埼玉県警にさらわれた。同様に初老の資産家の殺人事件の容疑者なのだ。埼玉検察庁は処分保留で釈放した。赤羽警察署は釈放後に逮捕した。起訴して裁判に持ち込んだ。後半半分は法廷でのやりとりになります。びっしりと会話ばかりです。会話と言っても、法廷でのやりとりですがね。で、判決は?そこはここでは明かせない。
読了日:09月05日 著者:佐々木 譲

読書メーター

広島ブログ

2017年10月 1日 (日)

大義なき解散

ここ広島県では、大義とは言いません、たいぎぃです
早ぅせぇや
たいぎぃのぉ、今せにゃぁいけんか
日本全国で叫ばれる大義なき解散が、ここ広島では混ぜ返しに使われてしまいます

広島県民以外のひとの為に補足すると、たいぎぃとは、気が乗らん、だるい、くたびれた、の意味です

広島ブログ

« 2017年9月 | トップページ

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31