無料ブログはココログ

« 自転車のたけのこばね | トップページ | タケノコバネ、円錐バネ、ツルマキバネ »

2017年10月17日 (火)

タフガイ

「タフガイ」藤田宜永 早川書房
少年少女が若僧にからまれていた。
救ってやった。
少年少女をそれぞれの家に送り届けた。
それを機に、依頼された。
男の職業は私立探偵なのだ。
娘が殺された。警察とは違う方向で犯人を探してほしいという依頼だった。
探偵・立花というシリーズがある。こっちは初老の探偵だ。
探偵・浜崎はもっと若い、三十代か。
立花も浜崎も似たようなキャラクターだが、浜崎は少年院を出たことがある経歴が違う。
浜崎シリーズの第一作は「喝采」読んでいるけど、どんなお話しだったかな。
翻訳の私立探偵のお話しを読んでるみたい。
ひとによって好き嫌いはあるだろうが、わたしは好きですよ。

読書メーター

広島ブログ

« 自転車のたけのこばね | トップページ | タケノコバネ、円錐バネ、ツルマキバネ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車のたけのこばね | トップページ | タケノコバネ、円錐バネ、ツルマキバネ »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31