無料ブログはココログ

« 皇太子妃、お出まし増える | トップページ | リベンジ リスペクト »

2017年12月13日 (水)

墨の香

「墨の香」梶よう子 幻冬舎
雪江は離縁されて実家に帰った。
実家は旗本で、奥祐筆の家柄なのだ。
幼いころから師匠に習熟していたので、筆の指南所を開いた。
現代で言えば中学生まで程度の幼い子ばかりが門弟なのだ。
お話しの筋は、その少女たちのあれこれがひとつ。
時代は水野老中の頃、黒船来航の頃なのだ。
フランスの水兵を鉄砲で撃ってしまったのがふたつめの筋。
なぜ離縁されたのか、そのわけは、が三つめの筋。
町人の世話物、奉行所の同心、得意分野はそのあたりかと思っていると
このように、幕閣の奥祐筆などのお役目も描き分けていて、得意分野が多岐に渡っている。

読書メーター

広島ブログ

« 皇太子妃、お出まし増える | トップページ | リベンジ リスペクト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皇太子妃、お出まし増える | トップページ | リベンジ リスペクト »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31