無料ブログはココログ

« 周産期 | トップページ | 悄然、愕然、憮然 »

2017年12月 7日 (木)

北広島町大朝の文蔵山、密林なので諦める

ここから先は未整備林道、轍の間には草が生え放題で、森林組合もここのところからは手を入れていないね。
それでも、林道であるのは足触りでわかる。道の真ん中は草で覆われているが、轍の跡を踏んで行けば間違いない。
木の棒を渡した木橋のあたりから道は怪しくなってきた。この先は若木が中心なのだ。植生がびっしりと詰んでいて、密林状態になっている。
樹が成長して老木になったら極相林で、下生えもなくなって歩き易くなるが、まだまだ若木の競争状態で、こういうところは木と木の隙間も狭くて通り難いのだ。
これはあかんな、引き帰そう。
帰る道々、どこか疎林はないかいな、あった、ここなら木の間が広がっている。
林に入って、進むと、昔の作業道に出た。うん、まぁ、歩き易い。昔の杣道が残っているわけだ。
ここで作業道終わり、この先は植林になっている。ははぁ、植林のための作業道だったんだね。
稜線のてっぺんまで植林が続いている。過去の経験では、往々にして、植林の先は密林、こんなことが多かった、植林の先を辿るのは止めにしよう。引き返そう。
作業道は、朝に歩いた林道に合流した。ここからは登って来た道を引き返すのだ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/bunzo_ym.html

広島ブログ

« 周産期 | トップページ | 悄然、愕然、憮然 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 周産期 | トップページ | 悄然、愕然、憮然 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31