無料ブログはココログ

« 年賀状ソフト、事件あり | トップページ | 広島じゃけぇ、「中国(チャイナ)」じゃないけぇ。 »

2017年12月24日 (日)

弾正星

「弾正星」花村萬月 小学館
丹野蘭十郎という無職の男です。
三好家で祐筆の職がある、ということで、面接を受けに行きます。
松永久秀に気に入られて、久秀の祐筆に採用されます。
松永久秀、めったにひとに心を開くことがない。
ところが、丹野蘭十郎にはすっかり心を開いています。
誘われて、女郎買いに行き、尼寺でさんざん放縦を繰り返します。
びっくりしたなあ、前半はほとんどいろごとばかり費やしているじゃないか。
やっと本の半ばあたりから、弾正の出世譚が語られます。
本気じゃない、軍事より、茶の道茶道具のほうに心を傾けています。
織田信長が出現します。
ここでやっと対立軸が現れます。
丹野蘭十郎とは、松永久秀の分身なんでしょうね。
ふたりいるけど、モノローグ。
戦国の合戦譚なんですが、あまり合戦を重視しない、奇妙な合戦譚です。

読書メーター

広島ブログ

« 年賀状ソフト、事件あり | トップページ | 広島じゃけぇ、「中国(チャイナ)」じゃないけぇ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年賀状ソフト、事件あり | トップページ | 広島じゃけぇ、「中国(チャイナ)」じゃないけぇ。 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30