無料ブログはココログ

« 政界用語としての「きっちり」 | トップページ | 睥睨 »

2017年12月 4日 (月)

真夏の雷管

「真夏の雷管」佐々木譲 角川春樹事務所
サブタイトルに、道警・大通警察署
道警シリーズの、佐伯宏一・小島百合・津久井卓、総出演です。
佐伯は刑事三課、盗品係。小島は生活安全課、少年係、津久井は機動捜査隊。
発端は少年の万引き、盗品は工具セットだった。
別件で、園芸店で肥料が盗まれた。硝酸アンモニウム。爆薬に使える。
ふたつは結び合わさって、元JR職員が浮かび上がった。
保線工事の偽装で、責任が末端に押し付けられたのだ。
解雇されたのは組合の活動家だった。
もう判るでしょ、JR北海道を恨んで爆発を仕掛けるはずです。
犯人の出番は少ないが、これは気の毒だと犯人に同情できます。
松本清張の「点と線」みたいに、列車ダイヤが焦点になります。

読書メーター

広島ブログ

« 政界用語としての「きっちり」 | トップページ | 睥睨 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政界用語としての「きっちり」 | トップページ | 睥睨 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31