無料ブログはココログ

« 風神雷神 風の章 | トップページ | 徳川がつくった先進国日本 »

2018年1月30日 (火)

風神雷神 雷の章

「風神雷神 雷の章」柳広司 講談社
本阿弥光悦の門を離れ、義父に俵屋の相続を願い出た。
快く受け入れられられ、これからは宗達の名を襲名するよう勧められた。
烏丸光広がやってきた。公家殿上人で権中納言従三位、これからは烏丸光広のプロデュースで動くことになる。
ここで花開くのは、養源院の板戸絵、白象の図、醍醐寺の舞楽図屏風。
誰の注文かも不明の、風神雷神図屏風。
司馬遼太郎によくある、作者のモノローグを挿入すること。
これが、風の章、雷の章、どちらにも挿入されてきます。
邪魔じゃない。それどころか、安土桃山時代と現代とを行ったり来たりする手助けになります。

読書メーター

広島ブログ

« 風神雷神 風の章 | トップページ | 徳川がつくった先進国日本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風神雷神 風の章 | トップページ | 徳川がつくった先進国日本 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31